link2055 link2056 link2057 link2058 link2059 link2060 link2061 link2062 link2063 link2064 link2065 link2066 link2067 link2068 link2069 link2070 link2071 link2072 link2073 link2074 link2075 link2076 link2077 link2078 link2079 link2080 link2081 link2082 link2083 link2084 link2085 link2086 link2087 link2088 link2089 link2090 link2091 link2092 link2093 link2094 link2095 link2096 link2097 link2098 link2099 link2100 link2101 link2102 link2103 link2104 link2105 link2106 link2107 link2108 link2109 link2110 link2111 link2112 link2113 link2114 link2115 link2116 link2117 link2118 link2119 link2120 link2121 link2122 link2123 link2124 link2125 link2126 link2127 link2128 link2129 link2130 link2131 link2132 link2133 link2134 link2135 link2136 link2137 link2138 link2139 link2140 link2141 link2142 link2143 link2144 link2145 link2146 link2147 link2148 link2149 link2150 link2151 link2152 link2153 link2154 link2155 link2156 link2157 link2158 link2159 link2160 link2161 link2162 link2163 link2164 link2165 link2166 link2167 link2168 link2169 link2170 link2171 link2172 link2173 link2174 link2175 link2176 link2177 link2178 link2179 link2180 link2181 link2182 link2183 link2184 link2185 link2186 link2187 link2188 link2189 link2190 link2191
トップページ > 雑記 > アイディアのだしかた:29man loves アイディアマン コンテスト

アイディアのだしかた:29man loves アイディアマン コンテスト

アイディア捻出メソッドをブログに書いて29manにトラックバックする企画

29man loves アイディアマン コンテスト開催!だそうです。いい機会なので、自分のアイディアの出し方をメモ代わりに書いておきます。

何についてのアイディアかにもよるのですけども、大抵は落とし込むべき場所、導くべき結論というのが先に見えているのではないかと思います。では必要なのは、そこに至る経路、理由付けなどですよね。そういった場合は、ロジカルに映画シナリオを組んで行くやり方を最も適用しています。

シナリオの組み方というのは、大項目から小項目へ組んでいくやり方ですね。むかし国語の授業で習ったと思いますが、まずは大まかに「起承転結」から決め、シークエンス、シーン、カットといった具合により細かに流れを書いていきます。大も小もフラクタルですから、進めるほどに自ずと書くべきことは決まっていきます。

というのはいしたにメソッドともかぶるので面白くないですね。以下に他の手段(〜きわめてジェット☆ダイスケ的なもの〜)も書きます。


一番「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」となる方法は


寝る


ただそれだけ。 のび太ですか(笑)

これはまだ完全には体得していないというか、自分でも制御しきれていない部分なんですけども、ちゃんと真剣に取り組んでいるものに関しては、夢のなかで出来てしまいます。なかば超能力的というか、自分頼みでありつつも他力本願な感じがいかにも「神降臨」を彷彿とさせる手段ですね。真面目にこういうことを書くこと自体が禁じ手というか。

業務遂行上、どうあっても時間が足りないことというのは多々あるわけですが、さすがに二徹もすれば疲労困憊するわけで、寝ないわけにはいきません。となると、夢のなかで考えておくしかないわけです。

初めてそれを行ったのは97年のある日、まったく想定外の出来事でした。デザインを仕上げなければいけないのに、どうにも上手くいかない。そんなとき夢の中でフォトショップをいじりながらあれこれと試行錯誤していると「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」という結果に行き着き、その瞬間にごく自然に飛び起きて実際の作業に移行しました。

このエピソードをあるMLに投稿したところ、ある有名なプログラマさんもそういった手法をとることがあるらしく、ここ一番の閃きは、夢のなかで生まれるというレスを頂きました。

寝るというのは、脳波を整えるという事でもあるのでしょうね。

それ以降は心置きなく寝ています。完全には制御できないと先述したように、上手くいくかどうかはイチかバチかの賭けなのですが、もし夢の中で何も出なかったとしても、ちゃんと睡眠をとったことで頭もリフレッシュされてますしアドリブもできる精神状態になっていますから、特に悪い方向には転がりません。ただし、あまりに疲れていると、寝坊する危険も腹んでいるという諸刃の剣ですけどね(笑)

と書き終えて、嫁のブログを見てみたら「私の場合は、時間を見つけては 寝ます」って同じこと書いてるし!!!またかぶった。どうしよう・・・


というわけで、誰でも応用できそうな事を書いてみます。

● 紙のネタ帳を持ち歩く

ノートパソコンとかPDAみたいなものは使いません。持ち歩きません。
日々思いついたネタは紙に書き留めておきます。何も思いつかなくても、何かを紙に書いているとペンが走り始める瞬間がやって来ます。思考の泉が湧く速度が、ペンの走る速度を超え始めたら、そこでようやくワープロソフトなどを立ち上げて、つらつらと沸いて来るものを打ち込みながら、さきに紙に書いていたこともタイプしていきます。

書写するという行為が、再構築の機会を与えてくれるんです。


● ケータイのメールを使う

これは電車の中など、紙のネタ帳に記入するのをはばかられるようなシチュエーションの場合。
その場その場で、ふと思いついたことなどを、ケータイからパソコン宛に1行メールすることもあります。思いつくときは断続的にいくつかポロポロと出てきますから、調子のいいときは10通以上送ることもあります。

で、家に帰ってそれらのメールを受信すると、メールソフト上で、箇条書きのアイディアリストが出来上がってるわけです。メールソフト上でざっと目を通して不要だと感じたものは削除、他はテキストファイルにまとめて保存します。前に簡単デスクトップ非整理術というのを書きましたが、そのデスクトップの右か真ん中あたりにテキストファイルを保存しておきます。

という感じですかね。どちらかというと整理術とか推敲術ですかこれらは。

そもそも素晴らしいアイディアなんてものは日々の蓄積から出て来るものですから、一朝一夕ではどうしようもないものかもしれませんね。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年11月22日 23:27

» 29man loves アイディアマン コンテストに投稿。 from 日本全国・見たいもんはみたいぞの会
あなたのアイデアひねり出しメソッドを教えてください!ってことなので、応募します。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月23日 02:01

» アイデアのひねり出しかた from 宮脇日記
超穴場らしいので参加しておきます。 ▼29man loves アイディアマン コ… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月23日 23:52

» ひとつ上のアイデア from yumiking Diary
さわやかブロガー29manさんのキャンペーンに投稿してみます!私はまだまだ未熟者の小娘なので、ひとつ上のアイデアどころか人並みのアイデアも頭がよじれるくらい考え… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月24日 13:07

» 29man loves アイディアマン コンテスト結果発表! from 29man(ニクマン)
ただいま大ヒット中の本、「ひとつ上のアイディア」プレゼント企画「29man lo [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月11日 16:03

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー