link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773
トップページ > mixi・SNS考察 > SNS内部を検索エンジンがクロール出来る、もしくは出来ないということについて

דירה דיסקרטית

SNS内部を検索エンジンがクロール出来る、もしくは出来ないということについて

サーチエンジンにヒットしないということは、膨大な情報がライブラリ化されていないという事でもある。自らライブラリ化しているのなら別だが。

webdog: GREEは会員以外でも読めます」という記事で触れたのだが、ソーシャルネットワーキング「GREE」内のページが、Google検索で閲覧可能になっていたという事実がある。

完全招待制のサービスなので、中身が見えてしまうのは一体どうなのか?と問題視されがちだ。しかし、数十万人単位のユーザー数ともなれば、もはや素性の知れない不特定多数が利用する大規模サービスなわけで、ここに携帯電話番号などの個人情報を書込んでいるのは(以下略)

さて今回は、また違う観点で、この問題を見てみようと思う。

Narinari.com:ラーメンのスガキヤ、首都圏に再挑戦。」という記事があるのだが、本筋とはあまり関係ない部分で非常に面白い箇所があった。

普段は「mixi」で得た情報は直接記事にはしないなりが、どうもいくら探してもネット上にはほかのソースが見当たらないので、今回はちょっと「mixi」から引用させていただくなり。

とのこと。
「Googleで検索すれば何でも見つかる」とは妄信できなくなってきたという風にも読める。mixiのテキストライブラリがGoogle並みに柔軟な検索を出来ればそれでも構わないのだが、今の所そうなっていくような予感がしない。ならばむしろ、SNS外部にも有益な情報はGREEの方にどんどん書込んで欲しいとも思う(笑)

しかし、プレスリリース前にmixi内のみでこっそりとリークするとか、それを健全な方向で進めてオーシャンズ12のように広告化してしまうとか、それは検索エンジンにヒットしないという条件があってこそ成立しているものだ。もし秘密サイトのパスワードがGoogleでヒットしては意味がない(笑)

RSSの出現により情報流通の在り方・情報収集の仕方が変わり始めたが、SNSもその変化の一翼を担うのかもしれない。便利になるのであればいいが、上手く検索し切れないライブラリに有益な情報があるという現状は改善すべきだろう。雑多で混沌としたアーカイヴが日々増えるだけでは利用価値が低い。

【関連リンク】
webdog: mixi・SNS考察



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年1月16日 19:12

» mixi「Find Job! バナーコンテスト」に応募してみる from McDMaster's Weblog
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の一つである mixi が首記のコンテスト(会員のみ参照可能)を開催中です。 そこで、私も応募してみることとし… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年1月16日 23:09

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー