link1960 link1961 link1962 link1963 link1964 link1965 link1966 link1967 link1968 link1969 link1970 link1971 link1972 link1973 link1974 link1975 link1976 link1977 link1978 link1979 link1980 link1981 link1982 link1983 link1984 link1985 link1986 link1987 link1988 link1989 link1990 link1991 link1992 link1993 link1994 link1995 link1996 link1997 link1998 link1999 link2000 link2001 link2002 link2003 link2004 link2005 link2006 link2007 link2008 link2009 link2010 link2011 link2012 link2013 link2014 link2015 link2016 link2017 link2018 link2019 link2020 link2021 link2022 link2023 link2024 link2025 link2026 link2027 link2028 link2029 link2030 link2031 link2032 link2033 link2034 link2035 link2036 link2037 link2038 link2039 link2040 link2041 link2042 link2043 link2044 link2045 link2046 link2047 link2048 link2049 link2050 link2051 link2052 link2053 link2054 link2055 link2056 link2057 link2058 link2059 link2060 link2061 link2062 link2063 link2064 link2065 link2066 link2067 link2068 link2069 link2070 link2071 link2072 link2073 link2074 link2075 link2076 link2077 link2078 link2079 link2080 link2081 link2082 link2083 link2084 link2085 link2086 link2087 link2088 link2089 link2090 link2091 link2092 link2093 link2094 link2095 link2096 link2097 link2098 link2099
トップページ > IT, Internet, Logic Pro > 極私的ソフトウェア・オブ・ザ・イヤー2005「Logic Express 7」

極私的ソフトウェア・オブ・ザ・イヤー2005「Logic Express 7」

「Logic Express 7」は良い!これは買って良かった。

今年もアップグレードと称した有料バグフィックスを多数買わされましたけども、そんななかで「これは!」というものを1点ご紹介したいと思います。

Logic Express7
Logic Express7

Appleプロアプリケーション「Logic Pro」の機能限定版ですが、どちらかというと「GarageBand」の上位版という方が正しいでしょうか。

昨年はじめに、「iLife '04」の目玉として「GarageBand」が発表されました。その「GarageBand」で初めてDTMの面白さを体験したユーザーも、1年を経て熟達し、そろそろ次のステップに移行する段階となったのが今年ではないかと思います。そんなユーザーのために、もっとも適した選択肢が「Logic Express 7」です。

「Logic Express 7」では、これまで作った「GarageBand」のファイルが読み込めますし、「GarageBand」同様にApple Loopsを利用した音楽制作もできます。これまで作った曲や、別売のループ集「Jam Pack」などが無駄にならないです。

最初は「GarageBand」とのユーザーインターフェースの違いに戸惑ったものの、それさえ馴れてしまえばどうという事もありませんでした。そのうえ、「Logic Pro」並の編集やエフェクト、音源設定もできるのです。

アップルから「GarageBandユーザーのためのLogic入門(PDFファイル)」というドキュメントが提供されていますので、導入を考えていらっしゃる方には参考になるかと思います。(これは「Logic Express」にも小冊子として含まれています)

これが3万円強なのですから、「GarageBand」目当てで「iLife」をバージョンアップするよりもお得です。ちなみにアドビ フォトショップやイラストレーターのバージョンアップ価格は2万5千円。それに毛が生えた程度の金額でこの高機能はほんとに驚きです。

僕はさらにアップグレードして「Logic Pro」ユーザーになったのですが、コストパフォーマンスの点でみれば「Logic Express」の方が断然良いですね。出来ることはそれほど変わらないのに、価格的には1/3ですから。(機能限定版といっても、ソフトシンセやエフェクトが「Logic Pro」ほど高機能ではないというのが大きな違いで、基本性能はほぼ同じようなものです)

で、いちばん気に入ったのが、ムービーを読み込んで音声トラックを付加できる機能です。

ホームビデオにBGMを付ける程度なら「iMovie」等でも良いのですが、「Logic Express」は音楽制作ソフトですから、ムービーに完全にシンクロした音楽を付けることが出来ます。例えばこのムービーは「Logic Express」で音楽を付けています。(ドラムはApple Loops使用)

先に音があってそれにシンクロする映像を付けるという、所謂ビデオクリップ的な手法とは全く逆の作り方が可能なわけです。ということで、音楽だけでなく映像を作る方にも良いソフトではないかと思っています。

また、ポッドキャストの番組制作に際しても、強力なツールとなることでしょう。星の光の鼻ピアスは「Logic Express」を利用して作っています。「Garage Band」より優れた点として、ID3タグ付きのMP3がエクスポートできます。iTunesでわざわざタグを入れることなく、すぐにアップロードできますよ。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年12月 2日 18:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー