link4932 link4933 link4934 link4935 link4936 link4937 link4938 link4939 link4940 link4941 link4942 link4943 link4944 link4945 link4946 link4947 link4948 link4949 link4950 link4951 link4952 link4953 link4954 link4955 link4956 link4957 link4958 link4959 link4960 link4961 link4962 link4963 link4964 link4965 link4966 link4967 link4968 link4969 link4970 link4971 link4972 link4973 link4974 link4975 link4976 link4977 link4978 link4979 link4980 link4981 link4982 link4983 link4984 link4985 link4986 link4987 link4988 link4989 link4990 link4991 link4992 link4993 link4994 link4995 link4996 link4997 link4998 link4999 link5000 link5001 link5002 link5003 link5004 link5005 link5006 link5007 link5008 link5009 link5010 link5011 link5012 link5013 link5014 link5015 link5016 link5017 link5018 link5019 link5020 link5021 link5022 link5023 link5024 link5025 link5026 link5027 link5028 link5029 link5030 link5031 link5032 link5033 link5034 link5035 link5036 link5037 link5038 link5039 link5040 link5041 link5042 link5043 link5044 link5045 link5046 link5047 link5048 link5049 link5050 link5051 link5052 link5053 link5054 link5055 link5056 link5057 link5058 link5059 link5060 link5061 link5062 link5063 link5064 link5065 link5066 link5067 link5068
トップページ > 社会・国際・政経 > 近い将来、首都直下型の大地震は本当に起こるのですか?

http://permanent-vladivostok.ru

近い将来、首都直下型の大地震は本当に起こるのですか?

ミンキー・モモの件に今でもアクセスがあるのですが、その辺からも地震への関心度の高さがよく分かりますね。

静岡の人なんかの話では、東海大地震が来ると言われ続けていたので、子供のころはヘルメット着用で通学していたとのこと。いまスグにでも起きると言われ続けて既に四半世紀以上、まだ来てませんね。

で、東海大地震の恐怖がマンネリ化した頃、入れ替わりで阪神大震災が起きてしまい、そのインパクトも10年経って被災者以外には薄れて来た今日この頃、新潟の大地震があり、そして今度は東京を中心にした大地震の恐怖訴求に話題が移ってきました。

俺、大阪から越して来たんですけど、また大地震に遭遇するんですか?と困惑しているところです(笑)

防災がビジネスになる以上、地震の恐怖訴求というのは仕方ないのかもしれないですけど、ちょっと悪影響も起きているようですね。

ロイターの「耐震強度偽装問題、06年名目成長率を0.57%程度押し下げも」という記事によると、

マンション購入予定者が契約を見合わせる動きが広がる可能性があり
(中略)
さらにマンション販売が落ちると、家具・家電などの販売も落ちるため、合計で2.9兆円程度の需要押し下げにつながると試算される

とのことです。
地震の恐怖を煽りすぎてしまって、悪影響を及ぼしてますね。大地震の恐怖さえなければ耐震強度「震度5」でも全然気にならないですからね。半年前に起きた震度4の地震ですら10年ぶりの規模ですからね。案外なにも起こらないものです。

何を根拠にしたのか、最近の煽り文句では、東京直下型大地震の想定震度が「7」とかになってたりします。ほとんど多くの住宅なんて震度7には耐えられないでしょうから充分に恐怖訴求もできますし、阪神大震災の最大震度でもあるので現実味もある設定値だと思います。

それにしても、普通に考えたら、とっとと首都機能移転ですよね。本当にそんなデカイの来るという予想がされているならね。まともな為政者だったら、文化はともかく、政治と経済の中心は他へ移すでしょ。

というわけで、ホントは大地震来ないんじゃね?と思い始めてます。

そもそも、こんな地震だらけの国に中途半端な鉄筋コンクリートのビルとか建てちゃうのも間違ってるのかもしれないですね。みんなパオに住めば被害は何もないと思うよ(笑)


【関連記事】
失われた地震とか、彼女を守る51の方法とか
地震の揺れはどこにどう作用するか読めないということ
そうだそうだ、地震の予知を的中させたんだった。
保険に無料で加入できる本 マグニチュード手帳
地震とミンキーモモに因果関係アリか
練馬区の方は防災用品が割引されます
地震用語おさらい



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年12月14日 10:15

» 住宅需要冷え込みの懸念 from 転職父さん40歳が直面するマンション購入の壁
みなさん、こんにちは。ふじたやすしです。 さて、構造計算書偽造事件にからみ、気になるニュースを見つけましたので、きょうはそれについて考えてみることとしま… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月14日 23:19

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー