link1120 link1121 link1122 link1123 link1124 link1125 link1126 link1127 link1128 link1129 link1130 link1131 link1132 link1133 link1134 link1135 link1136 link1137 link1138 link1139 link1140 link1141 link1142 link1143 link1144 link1145 link1146 link1147 link1148 link1149 link1150 link1151 link1152 link1153 link1154 link1155 link1156 link1157 link1158 link1159 link1160 link1161 link1162 link1163 link1164 link1165 link1166 link1167 link1168 link1169 link1170 link1171 link1172 link1173 link1174 link1175 link1176 link1177 link1178 link1179 link1180 link1181 link1182 link1183 link1184 link1185 link1186 link1187 link1188 link1189 link1190 link1191 link1192 link1193 link1194 link1195 link1196 link1197 link1198 link1199 link1200 link1201 link1202 link1203 link1204 link1205 link1206 link1207 link1208 link1209 link1210 link1211 link1212 link1213 link1214 link1215 link1216 link1217 link1218 link1219 link1220 link1221 link1222 link1223 link1224 link1225 link1226 link1227 link1228 link1229 link1230 link1231 link1232 link1233 link1234 link1235 link1236 link1237 link1238 link1239 link1240 link1241 link1242 link1243 link1244 link1245 link1246 link1247 link1248 link1249 link1250 link1251 link1252 link1253 link1254 link1255 link1256 link1257 link1258 link1259
トップページ > 社会・国際・政経 > 西側諸国も再度、月への有人飛行を試みるべきだ

больше информации здесь

西側諸国も再度、月への有人飛行を試みるべきだ

中国の月進出に対抗しなければ!

僕らが生まれてくるずっとずっと前にはもうアポロ11号は月に行ったっていうのに、「2017年から月への有人飛行」――中国の宇宙計画なんていうニュースが出て来てびっくりです。

戦闘機のドッグファイトにしろ宇宙探査にしろ、最近は危険を冒してまで有人でやっちゃうことはなくて、リモートコントロール技術のほうをなんとかしちゃった方が肉体的制約(耐Gとか)からも解かれて良いという方向になっちゃってると思うんですが、そんななかで中国だけは独自に神舟という有人宇宙船計画で本気汁のスタートレックをやっちゃってるわけです。

いまだに日本単独では有人宇宙飛行できてないので、中国のロケット技術のほうがスゴイと思ってしまいがちですけども、探査機「はやぶさ」を小惑星イトカワに着陸させるというのも、なかなかスゴイ技術力だったりしますよ。

有人飛行というのは単にトランスポートであって、資源開発目的だと無人機のほうが理にかなってますよね。いつ死ぬか分からない月とか火星とかで鉱夫をやりたい人なんていないでしょうから。そんなのルラペンテです。

で、宇宙開発も面白いけど、海洋探査も実はぜんぜん進んでなくて、海にも分からないことだらけなのです。資源開発という面だけ見れば、大金かけて宇宙に行くよりも海に潜ってるほうがまだ実入りはあるわけです。

しかしまあ、中国が月を目指すとなると、そんなに余裕もって見てもいられなくて、やはり西側諸国ももう一度月面に人類を着陸させなければなりませんね(あえて「西側」という呼称を蒸し返してる意味は深読みし過ぎて汲み取ってくれたまへ)。

月には、地球には少ないレアメタルなど鉱物資源が豊富にあります。いわゆるルナ・チタニウム等ですね。

純度の高い月のチタニウム、すなわちガンダリウム!!

二足歩行ロボットにガンダリウム装甲を着せるのは日本以外にありえないです。チタン製の先行者なんて、させるか!!

ちなみにアメリカは2015年までに有人月飛行再開の計画をたてています。ま、アメリカに覇権を奪われるほうがまだましですが、やっぱり日本も独自に月へ到達して欲しいものです。

僕らのガンダムのために。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年12月16日 16:50

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー