link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773 link2774 link2775 link2776 link2777 link2778 link2779 link2780 link2781 link2782 link2783 link2784 link2785 link2786 link2787 link2788 link2789 link2790 link2791 link2792 link2793 link2794 link2795 link2796 link2797 link2798 link2799
トップページ > エンターテインメント > PSP「脳力トレーナー」で判明、デザイナーはランダムな数値に強い?

PSP「脳力トレーナー」で判明、デザイナーはランダムな数値に強い?

職業によって脳の使い方には偏りがあるようですけど、それが脳力トレーナー ポータブルで顕著に出ました

以前、PSPソフトの脳力トレーナー ポータブルについて書きましたが、自分でこれをやっていて、突出して好成績をおさめるジャンルがありました。

ランダムに出て来た数値を記憶するのと、反射的に計算問題を解いていくものです。

なぜこのジャンルの問題に強いのか、普段の自分を振り返ってみると、まさにそういった作業の繰り返しなのですね。

現在、主業務としてウェブデザインやモーショングラフィックスをやっていまして、Photoshop、Illustrator、Flash、AfterEffectsといったツールを使っています。あと音が必要な場合にはLogic Proも使いますね。

ウェブサイトにしろ映像にしろ、制作するにはまず画面サイズからして数値で決めていくことになります。必要ならサイズを変更しますし、その縦横比率も換算しつつの作業だったりしますから、仕事のスタート時点で数値の記憶と計算だらけですね。

で、作業中もやたら数値が沢山出て来るわけです。FlashもAfterEffectsも座標やら拡大率やらフレーム番号やら、数値の応酬ですね。座標なんて最低でもXとYの二つがセットですから、これをいくつものオブジェクトにまたがて記憶しつつの作業になってくることはざらにあります。

カラーに関しても全て数値ですよね。HTMLの16進数表記はまだ簡単なほうで、CMYKになるとC=15、M=32、Y=184、K=62なんて具合のを覚えつつ作業してたりします。

映像だとフレームレートと尺から総フレーム数を出すなんていう計算も多々ありますから、四則演算を使いまくりですね。打ち込み音楽をやるにしても、小節と音符の関係なんて割り算そのものでして、それに加えてシーケンサの分解能によっちゃえらく細かい数値まで覚えなくてはいけないこと多々です。

もちろん覚え切れないものはメモっておきますけども、メモに時間をとられるよりは脳みそに仕舞っておくほうが引き出すのも速いので、記憶しておくというのは重要になってきます。

これ、電話番号みたいにうまく語呂合わせできる場合が少ないので、結果的にランダムな数値の羅列を記憶するという面が鍛えられていくのでしょうね。

他の職業の場合は、どのジャンルが良い成績になるんでしょうね?ぜひ「脳力トレーナー」で試して頂きたいと思います。普段使ってない脳の部位を刺激するためにも、自分の偏りを知っておくのは良いことですよね。
脳力トレーナー ポータブル
脳力トレーナー ポータブル



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年12月19日 12:17

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー