link6278 link6279 link6280 link6281 link6282 link6283 link6284 link6285 link6286 link6287 link6288 link6289 link6290 link6291 link6292 link6293 link6294 link6295 link6296 link6297 link6298 link6299 link6300 link6301 link6302 link6303 link6304 link6305 link6306 link6307 link6308 link6309 link6310 link6311 link6312 link6313 link6314 link6315 link6316 link6317 link6318 link6319 link6320 link6321 link6322 link6323 link6324 link6325 link6326 link6327 link6328 link6329 link6330 link6331 link6332 link6333 link6334 link6335 link6336 link6337 link6338 link6339 link6340 link6341 link6342 link6343 link6344 link6345 link6346 link6347 link6348 link6349 link6350 link6351 link6352 link6353 link6354 link6355 link6356 link6357 link6358 link6359 link6360 link6361 link6362 link6363 link6364 link6365 link6366 link6367 link6368 link6369 link6370 link6371 link6372 link6373 link6374 link6375 link6376 link6377 link6378 link6379 link6380 link6381 link6382 link6383 link6384 link6385 link6386 link6387 link6388 link6389 link6390 link6391 link6392 link6393 link6394 link6395 link6396 link6397 link6398 link6399 link6400 link6401 link6402 link6403 link6404 link6405 link6406 link6407 link6408 link6409 link6410 link6411 link6412 link6413 link6414 link6415 link6416 link6417 link6418 link6419 link6420 link6421 link6422 link6423
トップページ > グルメ・食文化 > ラーメン花月の濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂

נערות ליווי בחיפה

ラーメン花月の濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂

有名ブロガーの皆さんとラーメン花月の試食会に参加いたしました

ご厚意によりYahoo! Japanとラーメン花月のコラボ作品「濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂」を試食させて頂きました。のべ約138万票のアンケートから導かれた結果がそこに集約しているわけですから、日本人の好む平均的なラーメン像がここに見えて来ます。

今回のは新定番を作るという目標で始まった企画らしいですが、結局アンケート結果が示したのは、これまでの定番であるコッテリした豚骨だったとのこと。この結果は、ラーメン花月さんでも強く意識した点だそうで、ありがちな豚骨だと思ってナメてかかると「アッ」と驚かされるような作り込みがなされていますね。

まず見た目で驚きなのが黒いスープですね。黒いスープといえばマニア好みなところで富山ブラックなんかがあるわけですが、この「真骨頂」の黒いスープは、なんつっ亭などに見られるマー油によるものらしいです。背脂とは違うコッテリ体験です。

ラーメン花月の広報の方に詳しくご説明いただいたQuickTimeムービーがあるので、そちらをご覧頂きつつ、僕の個人的な印象を以下に書いてみます。

スープですが、マー油の乗っている層とその下のあっさりとした層に別れていまして、上澄みはなんとなく家系にも通じるような気がしました。下の層はあまり口にしたことが無いような味でした。色のせいかもしれないですね。あれで白かったら、クリーミーであっさりしたトンコツ味に感じるのかもしれません。わりとマー油のパンチ力が強いので、あとから来る下層の味は「癒し」のような感じです。

ぴあMOOKの「究極のラーメン2004」にビッグ錠さんがマンガを描いているのですが、そこに登場するラーメンも二層のスープでして、上の層、下の層、そして混ざった味という3つの味が楽しめるという設定になってました。ちなみに劇中でそれを作るに至るヒントとして、コーヒーに垂らしたミルクをかき混ぜずに飲むという描写があるのですが、まさに「真骨頂」のスープはそういう感じですかね。食べ始めと食べ終わりで違う印象を与えるという演出は、最近の企画物ラーメンでは重要なキーワードですよね。

チャーシューについては、見た目といい味といい、むかし光麺の塩味に乗ってたものと似てますね。どちらも炭火で燻したものなので、そういう印象を持ったのかもしれません。680円の品でこのチャーシューが3枚乗っているというのは、とてもポイント高いかと思います。

麺のほうはストレートの中太です。味的にはラーメン二郎が細くなったような感じですかね。そう思ってしまった時点で、野菜がネギともやしだけなのが残念にも感じました(野菜マシマシとか言いたくなったんでw)。個人的には、ちぢれ麺のほうがスープと合うような印象を持ちましたが、全国の店舗で販売するとのことで中道を進んだようです。であれば、もう少し麺を長めにして、マー油を拾いあげるような感じが良かったですかね。これについては、器から直に麺をすするのではなく、一度レンゲにスープと共にすくってから食べると解決しましたけどね。

具についてはネギ、もやしの他にメンマとゆで卵(半個)が入っていました。全体の構成から考えるとメンマよりもキクラゲではないかと感じました。

ゆで卵はハードボイルドなものでした。
例えば青葉のトロトロの半熟卵なんかはスープに黄身を溶かしてコクをつけるためだったりして、逆に固ゆでの卵となると濃いスープを黄身に吸いこんで美味しくなる役割だと思っているのですが、油が上澄みを占めているせいかスープをあまり吸わなかったですね。かといって味玉にしてしまうほど何か味が欲しいわけではなくて、むしろこの淡白さはアイスクリームのウェハースのような存在で、ちゃんと合っているとも思えてきます。これについては判断が難しいところです。

で、総評ですけども、138万票のワガママを上手くまとめた、という点では評価に値すると思います。しかし同時に、商品の企画開発というのは、そういった最大公約数を割り出す作業とは別物なんだとも改めて認識させられました。この「真骨頂」という商品、まったく悪くはないのですが、さらに上を目指すには違うアプローチも必要ではないかと。

そもそも、僕にとってのラーメンというのは「店主のエゴのかたまり」なんです。黒澤明の映画作品のようなものです。どんなジャンルのものでも、「作り手のエゴ」が芸術の域にまで昇華させてくれる原動力だと思うのですよ。

今回のは集計した意見を「丸く収めた」という印象だったので、もし再び同様の企画があればぜひとも「エゴで押し切った」部分も入れてもらいたいですね。

どのみちラーメン花月の名前を出した企画でしたので、最初から「ベースはニンクげんこつじゃないとダメだ」くらいに、自社のカラーを前面に出しておいても良かったかもしれませんよ。僕は夜食にニンニクげんこつをよく食べてるので、そこを起点にしても全然オッケーです。

※好きな分野なので辛口気味な感想になってしまって済みません。ごちそうさまでした。

以下、同席したブロガーの皆様の書いた感想です。
コグレさん
モダシンさん
いしたにさん
みらのさん
徳力さん
栗先生


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年12月20日 04:28

» Yahoo!とラーメン花月の「真骨頂」 from モテゼミ
昨晩は[N]ネタフルさんのご厚意で「らあめん花月 嵐 荻窪西口店」に行ってきました。「Yahoo! JAPAN-ラーメン特集2005」で投票されたのを、「… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月20日 16:22

» Yahoo! JAPAN-ラーメン特集2005 from Modern Syntax
昨日はモブログで写真だけで以下の記事をアップしたわけですが、 ラーメン スナック… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月20日 21:56

» Yahoo! から生まれたラーメン「真骨頂」を試食したよ from [N]
Yahoo! ラーメン担当者からコンタクトを頂きまして、ラーメン花月荻窪店にてラーメン「真骨頂」を試食してきました。… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月21日 06:16

» 荻窪の花月でラーメン食ってます。 from 日本全国・見たいもんはみたいぞの会ピヨピヨ
普通においしいです。真骨頂文句なし! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月21日 17:24

» ラーメンとヤフーとブログで真骨頂? from ニュースコミュニティ — FPN
Yahoo! JAPAN — ラーメン特集2005 — 誕生! 「濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂」を読んで。 先日、ヤフーの企画から誕生したラーメン「真骨… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月22日 09:08

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー