link2336 link2337 link2338 link2339 link2340 link2341 link2342 link2343 link2344 link2345 link2346 link2347 link2348 link2349 link2350 link2351 link2352 link2353 link2354 link2355 link2356 link2357 link2358 link2359 link2360 link2361 link2362 link2363 link2364 link2365 link2366 link2367 link2368 link2369 link2370 link2371 link2372 link2373 link2374 link2375 link2376 link2377 link2378 link2379 link2380 link2381 link2382 link2383 link2384 link2385 link2386 link2387 link2388 link2389 link2390 link2391 link2392 link2393 link2394 link2395 link2396 link2397 link2398 link2399 link2400 link2401 link2402 link2403 link2404 link2405 link2406 link2407 link2408 link2409 link2410 link2411 link2412 link2413 link2414 link2415 link2416 link2417 link2418 link2419 link2420 link2421 link2422 link2423 link2424 link2425 link2426 link2427 link2428 link2429 link2430 link2431 link2432 link2433 link2434 link2435 link2436 link2437 link2438 link2439 link2440 link2441 link2442 link2443 link2444 link2445 link2446 link2447 link2448 link2449 link2450 link2451 link2452 link2453 link2454 link2455 link2456 link2457 link2458 link2459 link2460 link2461 link2462 link2463 link2464 link2465 link2466 link2467 link2468 link2469 link2470 link2471 link2472 link2473 link2474 link2475 link2476 link2477 link2478 link2479 link2480 link2481
トップページ > 雑記 > 僕は越中の豪族、大伴室屋大連の後裔らしいです。

僕は越中の豪族、大伴室屋大連の後裔らしいです。

苗字(名字)について

via:宮脇のルーツ(日本の名字七千傑)

宮脇さんが僕のことを「地方の豪族」とか言ってるのでなんのことかと思ったら、「日本の名字七千傑」というサイトで自分の苗字の出自を調べると、

「越中の豪族、大伴室屋大連の後裔」と出て来ました。

誰かよく分からないので調べてみると、蘇我入鹿の暗殺時に鎌足に協力しているようです。大化の改新ですか。案外古いところにルーツがあるのですね。ちなみに大伴室屋大連は「おおとものむろやおおむらじ」と読むらしいです。大伴家持の先祖にあたるのかしら?

それにしてもほとんど多くの知合いが、苗字の多い順で100位以内にいて、武家や豪族に由来する苗字が多いですね。日本人のほとんどが農民だと思っていたのですが・・・

ま、苗字の出自とか分布地域については、デリケートな問題も関わってくるので、武家の名前を出して説明しておくほうが無難でしょうけどね。

ちなみに、Wikipediaの「名字」には以下のように書いてありました。

武士は、自らの支配している土地の所有権を明確にするために自分の所有する土地(名-みょう)を名字として名乗り、それを代々継承した。また荘官であれば荘園の名を、郡司であれば郡の名を名字とする者も現われた。これらが現代の名字の9割を占めている名字の誕生と言われている。
現代の名字が武家や公家と同じ名字だからといってもその子孫とはいえない。むしろ大半は無関係である。例えば「藤原」という苗字なども、ごく一部の祖先の伝承で藤原氏の部曲の藤原部の末裔を名乗るもの以外は、貴族の藤原氏にあやかって名付けたもの、藤原という地名から取られたものなど、由来はさまざまである。

これ読んでしまうと、ロマンもなにも無くなりますね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年12月27日 22:23

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー