link140 link141 link142 link143 link144 link145 link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279
トップページ > エレクトロニクス > 白ロム、黒ロム、灰ロムとは?

白ロム、黒ロム、灰ロムとは?

携帯電話のROMにも色々あるらしいです。

最近よく目にする白ロムとか黒ロムとか灰ロムとかって何なんでしょうか。

ググってみたところ、ITmediaに詳しい記述がありました。

白ロム【しろろむ】

白ロムとは、携帯電話(PHS含む)のROMに電話番号などの情報が書き込まれていない状態、もしくは、解約などによってそれまで書き込まれていた情報が消去された状態の端末本体を指す

なるほどね。ROMが完全に消去されてる状態ですね。白ロムのケータイを専門に扱うお店や、オークションサイトなどで白ロムがとり引きされているという話もありますね。例えばデザイン・ケータイの走りである「INFOBAR」などは、わりと高額で取り引きされるようです。

解約した端末をほかのキャリアで再契約することができる。従って、一時人気を博したドコモの複合端末「ドッチーモ」に、ドコモの携帯電話とDDIポケットのPHSを組み合わせている利用者もいるほどだ。

同じキャリアで再契約というのはまだしも、わざわざ不便なやり方をするというのがよく分かりませんね。「これDoCoMoだけどDDIなんだぜ」というマニア的な自慢なんでしょうか。

黒ロム【くろろむ】

黒ロムとは、携帯電話(PHS含む)のROMに電話番号などの情報が書き込まれている状態。いわゆる正式に回線契約があって、そのまま使える状態になっている端末を指す。つまりショップで購入できる携帯電話は、あえて白ロムと指定しない限りすべて黒ロムとなる

ふうん。これ普通に皆が使ってるケータイってことですね。

最近になって黒ロムという用語が表面化してきた背景には、ROMに電話番号が書き込まれていない端末、すなわち白ロム端末が流通し始めたことがある。カメラ付き携帯電話の普及などで解約後の端末を持ち帰るユーザーが増えたため

確かに僕も解約後に持ち帰ってますね。引き取ってもらっても割引されるわけでもなかったので。ただ、その後もカメラとして使うかどうかは微妙ですよね。新しく契約した端末にもどうせカメラは付いてるし。画質が向上したとはいえ、やはりデジカメとしてもいまいちな性能だし。

灰ロム【はいろむ】

灰ロムとは、解約したにも関わらず利用可能のような振る舞いを見せる、白ロムと黒ロムの中間に位置する状態の端末を指す。電話による解約や、電話機紛失によって解約だけ済ませた端末などがこれに該当する
電波の強さをチェックするための計器として使用したり、回線契約をチェックするアプリゲームを起動するなど、一部利用者の間で好まれて使われている

計器といっても、アンテナ3本ですからパラメータが0〜3しか無いわけで、それってどういうメリットなのかよく分からないですね。僕にはまったく謎の世界です。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年12月30日 18:44

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー