link3300 link3301 link3302 link3303 link3304 link3305 link3306 link3307 link3308 link3309 link3310 link3311 link3312 link3313 link3314 link3315 link3316 link3317 link3318 link3319 link3320 link3321 link3322 link3323 link3324 link3325 link3326 link3327 link3328 link3329 link3330 link3331 link3332 link3333 link3334 link3335 link3336 link3337 link3338 link3339 link3340 link3341 link3342 link3343 link3344 link3345 link3346 link3347 link3348 link3349 link3350 link3351 link3352 link3353 link3354 link3355 link3356 link3357 link3358 link3359 link3360 link3361 link3362 link3363 link3364 link3365 link3366 link3367 link3368 link3369 link3370 link3371 link3372 link3373 link3374 link3375 link3376 link3377 link3378 link3379 link3380 link3381 link3382 link3383 link3384 link3385 link3386 link3387 link3388 link3389 link3390 link3391 link3392 link3393 link3394 link3395 link3396 link3397 link3398 link3399 link3400 link3401 link3402 link3403 link3404 link3405 link3406 link3407 link3408 link3409 link3410 link3411 link3412 link3413 link3414 link3415 link3416 link3417 link3418 link3419 link3420 link3421 link3422 link3423 link3424 link3425 link3426 link3427 link3428 link3429 link3430 link3431
トップページ > 社会・国際・政経 > 働いたら負け、2月10日は「ニートの日」

働いたら負け、2月10日は「ニートの日」

厚生労働省がニートの日を制定した

2月10日はニートの日らしい。僕は、働かないということに関して、必ず思い出すエピソードがある。

僕の大学の同期に、漫画家を目指して上京したものの、パッとせずに29歳になってしまった男がいた。

特に働くわけでもなく、親から仕送りをもらいつつ、たまにはバイトもしつつだが、基本的にはひたすら漫画ばかり描いていた。そこまですれば何か芽が出るはずなのだが、残念ながら無理だった。

周りを見渡せば、同期の連中は普通に働き、それなりのポジションになってたり、結婚して妻子を養ってたり、そんな周囲の状況とのギャップが彼を苦しめ、さすがに30歳だし諦めようかという考えに支配されていた。

彼にとっての30歳が何を意味するのかよく分からないが、キチガイとかクソ人間とか社会不適応者に徹していられなくなったら、もはや芸術家としてはお終いだ。僕は30歳になるまでに漫画家デビューできなかったら、潔く自決するように勧めていた。

しかし彼は自決しなかった。

自ら命を断つということは決して褒められた行為ではないが、そのくらいの姿勢で取り組んで欲しいということだ。任務遂行に失敗したら死ぬ。筆を断つ。拳を断つ。これは当たり前のことだ。

ものすごくカッコワルイと感じた。それ以降、彼とは一切の関係を切った。

「働いたら負けかなと思ってる」
「今の自分は勝ってると思います」

最初からそんな風に言ってくれれば、僕はそれを受容したと思う。親の仕送りで生きている三十路独身男とも友達でいられたと思う。武士は食わねど高楊枝でいざ鎌倉で腹切りだ。

via.ザイーガ:【画像】働いたら負けかなと思ってる



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年2月 9日 16:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー