link1120 link1121 link1122 link1123 link1124 link1125 link1126 link1127 link1128 link1129 link1130 link1131 link1132 link1133 link1134 link1135 link1136 link1137 link1138 link1139 link1140 link1141 link1142 link1143 link1144 link1145 link1146 link1147 link1148 link1149 link1150 link1151 link1152 link1153 link1154 link1155 link1156 link1157 link1158 link1159 link1160 link1161 link1162 link1163 link1164 link1165 link1166 link1167 link1168 link1169 link1170 link1171 link1172 link1173 link1174 link1175 link1176 link1177 link1178 link1179 link1180 link1181 link1182 link1183 link1184 link1185 link1186 link1187 link1188 link1189 link1190 link1191 link1192 link1193 link1194 link1195 link1196 link1197 link1198 link1199 link1200 link1201 link1202 link1203 link1204 link1205 link1206 link1207 link1208 link1209 link1210 link1211 link1212 link1213 link1214 link1215 link1216 link1217 link1218 link1219 link1220 link1221 link1222 link1223 link1224 link1225 link1226 link1227 link1228 link1229 link1230 link1231 link1232 link1233 link1234 link1235 link1236 link1237 link1238 link1239 link1240 link1241 link1242 link1243 link1244 link1245 link1246 link1247 link1248 link1249 link1250 link1251 link1252 link1253 link1254 link1255 link1256 link1257 link1258 link1259
トップページ > 社会・国際・政経 > 働いたら負け、2月10日は「ニートの日」

働いたら負け、2月10日は「ニートの日」

厚生労働省がニートの日を制定した

2月10日はニートの日らしい。僕は、働かないということに関して、必ず思い出すエピソードがある。

僕の大学の同期に、漫画家を目指して上京したものの、パッとせずに29歳になってしまった男がいた。

特に働くわけでもなく、親から仕送りをもらいつつ、たまにはバイトもしつつだが、基本的にはひたすら漫画ばかり描いていた。そこまですれば何か芽が出るはずなのだが、残念ながら無理だった。

周りを見渡せば、同期の連中は普通に働き、それなりのポジションになってたり、結婚して妻子を養ってたり、そんな周囲の状況とのギャップが彼を苦しめ、さすがに30歳だし諦めようかという考えに支配されていた。

彼にとっての30歳が何を意味するのかよく分からないが、キチガイとかクソ人間とか社会不適応者に徹していられなくなったら、もはや芸術家としてはお終いだ。僕は30歳になるまでに漫画家デビューできなかったら、潔く自決するように勧めていた。

しかし彼は自決しなかった。

自ら命を断つということは決して褒められた行為ではないが、そのくらいの姿勢で取り組んで欲しいということだ。任務遂行に失敗したら死ぬ。筆を断つ。拳を断つ。これは当たり前のことだ。

ものすごくカッコワルイと感じた。それ以降、彼とは一切の関係を切った。

「働いたら負けかなと思ってる」
「今の自分は勝ってると思います」

最初からそんな風に言ってくれれば、僕はそれを受容したと思う。親の仕送りで生きている三十路独身男とも友達でいられたと思う。武士は食わねど高楊枝でいざ鎌倉で腹切りだ。

via.ザイーガ:【画像】働いたら負けかなと思ってる



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年2月 9日 16:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー