link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931 link4932 link4933 link4934 link4935 link4936 link4937 link4938 link4939 link4940 link4941 link4942 link4943 link4944 link4945 link4946 link4947 link4948 link4949 link4950 link4951 link4952 link4953 link4954 link4955 link4956 link4957 link4958 link4959 link4960 link4961 link4962 link4963
トップページ > mixi・SNS考察 > 誰のためのmixiプレミアムなのか

誰のためのmixiプレミアムなのか

mixiプレミアムに登録し、そして解約しました。それはなぜか!?

mixiプレミアム開始直後に試用を始めたのだが、日記の設定を外部ブログに変更したので、タグ機能やアルバム機能などが必要なくなり、mixiプレミアムの用途が半減したので解約した。

さて、現状のmixiプレミアムというのは一体どんなものか?

料金・・・月額315円(税込)
(1)日記容量の拡大・・・200MB
(2)フォトアルバム・・・100MB
(3)簡単日記タグ機能
(4)アンケート機能
(5)メッセージ無期限保存
(6)mixiモバイルメッセージ機能

と、機能だけを挙げれば上記のような感じ。

(1)日記容量が通常の100MBから、2倍の200MBに増える!…ってゆうかそもそも最初は容量制限なんて無かったやん…というのは言わないにしても、デフォで100MBも利用できるんだからそれで済んじゃうような予感…どのみち200MBという上限があるわけで、刑の執行が先延ばしになってるだけのことだな、これは。

(2)フォトアルバム100MBはわりとスグ行っちゃうんじゃないの?デジカメのメモリなんかは昨今128MBじゃ物足りないよね?てゆうか、テキストベースのmixi日記よりもこちらの容量が少ないのは何故なんだろう?

で、これら(1)と(2)を足して300MBになる。
僕がいまこのサイトを置いてるXREAは、月額わずか200円で1GBまで利用可能。mixiプレミアムの実に3倍以上の容量。それに加えてMySQL等のDBも利用可能だ。

じゃあ、そっち借りてブログでもつけた方が安上がりだよね?という結論に至る。つか、無料レンタルブログで賞金まで出すところもあったりするわけだし、一概にどれが最良とは言えないが、少なくとも「日記つけるならmixi日記が一番お得!」とは言い難いことは確かだ。

(3)簡単日記タグ機能は、最初非常に面白かったのだが、そのうち次第に面倒になった。そもそもローカルにバックアップ保存できない(ログのエクスポートできない)ので、頑張ってタグ打って文章を仕上げる気にならなかった。だから要らないかも。その他の理由はこちらへ「日本全国・見たいもんはみたいぞの会: はじめてMIXIに「それは違う」と思った。

(4)アンケート機能はなかなか際どい。これすごく面白い。アンケートとしてではなく、最大10択のクイズとして面白い。アンケートとしては… コミュニティに付加すべき機能のような、そうではないような.... コミュニティは趣向の似た人が集まってくるものだと思うので、アンケートをとりやすくもあり、とりにくくもあり。日記にもこの機能つけるべきでは?
某大手代理店の人に言わせれば「謝礼もないのにまともな回答なんてあるわけないじゃん」と一蹴。プロが言うならそういうことなんだろうな。そうでなくとも「mixiでのアンケート結果です」などとレポ提出するわけにもいかんし。面白いけど実用度低いか…?つか、プレミアムで提供すべき機能なのか謎。
そもそもこの機能は森田雄氏の発したVote機能発言がもとになっていると思うので、コミュニティ管理者やオフ会幹事を選ぶためのものだな。うん、きっとそうだ。

(5)メッセージ無期限保存というのもなんだかピンと来ない。mixiのメッセージはエクスポートできないし、機能的にもメールソフトにかなり劣るので、消えてしまっても良いメッセージしか送らないし、そういう内容のものしか届かない。フォルダ振り分けやファイル添付すら出来ない状態では、業務利用などはあまり実用的ではないと思う。

(6)mixiモバイルメッセージ機能に関しても同じことが言える。せっかく携帯電話からメッセージが送受信できるのだから、もっと機能を充実させるべきかと。現在、僕のマイミクシィ数は215人なのだが、送りたい相手を見つけるまですごく苦労する。これは工夫が必要だろう。

というわけで24時間ビジネスマンの僕(ハァ?)からすると、仕事に有効な機能があまり実装されなかったということで、mixiプレミアム本格利用には至らなかった。mixi内の「日記とメッセージの最大容量に関するお知らせ」によると、

イー・マーキュリーでは昨年12月より、mixiにおけるユーザの利用状況調査をシステム上で行うと同時に、ヘビーユーザの方を中心にヒアリングを進め、社内で検討を重ねて参りました

とのことなのだが、ヘビーユーザーってどういう風に選出して、どういう風にヒアリングしたのだろう?現状のmixiプレミアムだと、mixiをより楽しむ付加機能ではあるけど、より高次元のコミュニケーションツールとして利用するには程遠い気がする。内へ内へと進んでしまった感触。今後に期待。

あと気になったことがひとつ。
「寄付するつもりで」とプレミアムに登録する人がやたら多かった。これってサービスの質にはそれほど満足してないってことだ。つか、寄付ってなんだ?mixiって募金かなにかですか?プレミアムで救える命があるとか?…無いわけでもないか。

●お布施・・・Apple
●年貢・・・MS、Adobe
●寄付・・・mixi



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年2月10日 12:03

» mixiプレミアム解約した from WebMurata::Weblog
よく考えたら何にも必要ないことが分かった。というかこれまでよく考えてこなかったんだけど…。 日記容量アップ…ここ(http://www.murata.org/b… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年9月 3日 18:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー