link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773 link2774 link2775 link2776 link2777 link2778 link2779 link2780 link2781 link2782 link2783 link2784 link2785 link2786 link2787 link2788 link2789 link2790 link2791 link2792 link2793 link2794 link2795 link2796 link2797 link2798 link2799
トップページ > IT, Internet > 僕がQuicktimeを愛してやまないわけ

僕がQuicktimeを愛してやまないわけ

みなさんQuicktime使ってはりますか?

ビョークのサイト内のこのページに、ゆっくりと点滅する「Medulla Player」と書かれた円形のFLASHボタンがあるのだが、それをクリックすると左図のような不思議な形のウィンドウが開く。(画像クリックにて拡大)

そしてビデオクリップの再生が始まるのだが、実はこれQuicktimeのメディアスキンという仕組を利用している。

Quicktimeのメディアスキンの特徴は、他のプレーヤーのスキンが、プレーヤー自体に被るものであるのに対し、Quicktimeの場合はムービー自体にスキンを適用できるという点。だからこそ、ビョークのビデオクリップのように、プレーヤーのスキンには左右されない、配布ムービー独自のスキンで飾ることができる。作り方についてはAppleのページに書いてあるので、参考にされたし。
【参考リンク】QuickTime — チュートリアル — メディアスキン
※惜しむらくは、1ビット画像のマスクしか持てないため、スキン外周が美しくないということだ。

Quicktimeではひとつのムービーに複数のメディアをレイヤーとして内包することが出来るので、ビデオ映像の上にFLASHで作ったオリジナル再生ボタンを施すといった事も簡単だ。また、テキストトラックにてタイムコードに沿った字幕を施すといったことも出来る。これはテキストデータなので、CODECの影響を受けない。即ち、劣化しないサブタイトルの挿入が可能だ。また、時間の概念を持たないQTVRトラックの上に、時間軸を持ったFLASHアニメーションのレイヤーを再生させるといった事も出来る。「.mov」という拡張子は「movie」から転じたものだろうが、いまやQuicktimeは単なる動画に留まらず様々な要素が詰まっているのだ。3GPなど携帯電話向けのMPEG4動画をオーサリングするにも、最も身近で安価なツールだ。
【参考リンク】au:ムービー付きページを作ろう(EZムービー)

昔はWEB上での映像配信といえばQuicktimeムービーが非常に多かったのだが、ここ数年、圧倒的にWindows MediaとRealが多いように見受けられる。FLASHのFLVも加わって、さらに熾烈なシェア争いが起きているが、Quicktimeがそういった事とは無縁に見えるのは、玄人好みの総合的・圧倒的なオーサリング能力にあるだろう。アウトプットが別のメディアであったとしても、そこに至る経路には多々Quicktimeが存在している。表面的なつまらない事に左右されない、しっかりとした基盤を持っているあたりがなんとも男っぽくてカッコイイと思うのだ。


QuickTime GuideBook (著)姉歯 康
らくらくQuickTime入門?すぐわかるQuickTimeムービーの作り方



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年2月14日 01:07

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー