link1022 link1023 link1024 link1025 link1026 link1027 link1028 link1029 link1030 link1031 link1032 link1033 link1034 link1035 link1036 link1037 link1038 link1039 link1040 link1041 link1042 link1043 link1044 link1045 link1046 link1047 link1048 link1049 link1050 link1051 link1052 link1053 link1054 link1055 link1056 link1057 link1058 link1059 link1060 link1061 link1062 link1063 link1064 link1065 link1066 link1067 link1068 link1069 link1070 link1071 link1072 link1073 link1074 link1075 link1076 link1077 link1078 link1079 link1080 link1081 link1082 link1083 link1084 link1085 link1086 link1087 link1088 link1089 link1090 link1091 link1092 link1093 link1094 link1095 link1096 link1097 link1098 link1099 link1100 link1101 link1102 link1103 link1104 link1105 link1106 link1107 link1108 link1109 link1110 link1111 link1112 link1113 link1114 link1115 link1116 link1117 link1118 link1119 link1120 link1121 link1122 link1123 link1124 link1125 link1126 link1127 link1128 link1129 link1130 link1131 link1132 link1133 link1134 link1135 link1136 link1137 link1138 link1139 link1140 link1141 link1142 link1143 link1144 link1145 link1146 link1147 link1148 link1149 link1150 link1151 link1152 link1153 link1154 link1155 link1156 link1157 link1158 link1159 link1160 link1161 link1162 link1163 link1164 link1165 link1166 link1167
トップページ > 社会・国際・政経 > 米国抜きで京都議定書発効

米国抜きで京都議定書発効

アメリカの自分勝手には呆れる

昨日、地球温暖化を防ぐための京都議定書が、米国離脱のまま発効した。
この件については、「【解説】 京都議定書とアメリカ 〜844D〜」というページに詳しい解説がある。

説得を続ければ続けるほど、アメリカは国際社会において孤立を深めていくことになる。 すなわち、これ以上の説得は、アメリカがさらなる帝国主義へと進むきっかけをすら与えてしまいかねない、大きな危険をともなう行為である
全世界の二酸化炭素排出量のうちの実に4分の1(25%)がアメリカによるものであるから、アメリカが対策に腰を上げない状況で地球温暖化問題を根本的に解決することは不可能
そもそも、アメリカが議定書からの離脱を決めたのは産業を重視したためである

かなり強いバイアスのかかってるコラムのようにも感じるが、こうした向きは他でも見られる。「アメリカの原子力発電と地球温暖化

アメリカは、ヨーロッパが主導し「京都」の名を冠することで日本を巻き込んで締結され、アメリカに協力を迫るかたちの京都議定書をいったん拒否し、その後アメリカ主導で自国があまり損しない新しい温暖化対策計画を模索するつもりなのではないか、とも考えられる

温暖化対策の問題は置いとくとして、アメリカのこういった姿勢が非常に気に入らない。北朝鮮のことを兎や角言える立場ではない。むしろ北朝鮮の方がましではないかとも思えるほどだ。あえて今さら宣言しないだけで、アメリカは最大の核保有国であるし、東京に向けて核ミサイルを撃ち込めるという点では北朝鮮と同じ。

たとえ大統領がジョギング中でも食事中でも、常に核の発射ボタンが側にあるという点では、むしろずっとずっと危険なのはアメリカの方だ。つまり、お楽しみの最中でも鬼畜大殺戮を実行し得るわけで、これは狂気の沙汰だと思ってる。


●アホの壁 in USA(マイケル・ムーア著)
●華氏911の真実(マイケル・ムーア著)
●マイケル・ムーアの恐るべき真実 アホでマヌケなアメリカ白人 大集合!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年2月17日 07:52

» 無価値な現実と無価値な人間 from 占い日記
―― 現実には価値がない 17歳少年による教職員殺傷事件。 不明な点の多い犯行理由について、 田口ランディさんと友人の会話。 「… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年2月17日 21:02

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー