link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875 link876 link877 link878 link879 link880 link881 link882 link883 link884 link885 link886 link887 link888 link889 link890 link891 link892 link893 link894 link895 link896 link897 link898 link899 link900 link901 link902 link903 link904 link905 link906 link907 link908 link909 link910 link911 link912 link913 link914 link915 link916 link917 link918 link919 link920 link921 link922 link923 link924 link925 link926 link927 link928 link929 link930 link931 link932 link933 link934 link935 link936 link937 link938 link939 link940 link941 link942 link943 link944 link945 link946 link947 link948 link949 link950 link951 link952 link953 link954 link955 link956 link957 link958
トップページ > エンターテインメント > ちびくろさんぼ復刊へ

ちびくろさんぼ復刊へ

名作絵本ちびくろさんぼが復刊するかも!

差別批判で絶版、「ちびくろ・さんぼ」復刊へ…瑞雲舎

かなり嬉しいニュースかもしれない。
やたらグルグル回って遊ぶ息子に「そんなに回ってたらバターになるぞ」と言っても通じないのだ。ジェネレーションギャップではなくて、知識の欠如だ。ちびくろさんぼを知らないというのは不幸だ。

だいたい黒人を黒っぽく描いて何が悪いのだかさっぱり分からない。「ROOTS」でクンタ・キンテが売られるとき怪我をしてたので、タールを塗ってごまかしとけ!みたいな台詞が出て来る。まあROOTS自体が描いてる時代がアレなので差別発言の宝庫なのだが、とにかく黒人の肌は黒っぽいに決まっとるし、唇もぽってり厚くて丸いのだ。普通の観察眼を持っていれば、他の人種と黒人の差異を明確に捉えられるはずだ。

黄色人種は総じて目が切れ長で鼻が低くて足が短いし、白人は赤ら顔で鼻がどーんと出っ張っていて金髪とか赤毛の奴がいる。アニメや絵本やロゴマークや人形でのデフォルメなんてのは記号化なのだから、そんなの誇張されてて当たり前だろ。表現の自由を掲げるまでもなく、当たり前の事を当たり前に描写することを否定される理由などない。

ちなみに「ROOTS」の主演は、新スタートレックの機関部長ラフォージ少佐役のレバー・バートン。コアなトレッキーはちゃんと「ROOTS」も押さえておくように。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年3月 3日 12:50

» 弱者の遷移 from 或る荒川区民のつぶやき
「ちびくろ・さんぼ」復刊へ 東京の出版社が4月に(産経新聞) 差別問題は 奥が深いし、物事の一面だけで断じれるほど単純じゃないのは理解できます。 しか… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年3月 3日 13:39

» 差別を生み出しているのはアンタだよ! from 【風変わりな男】
差別批判で絶版、「ちびくろ・さんぼ」復刊へ…瑞雲舎 (YOMIURI ON??LINEより) … [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年3月 3日 23:09

» お薦めの本「ちびくろさんぼ」 from 160CLUB
うれしいニュースがありました!お薦めの本の欄にも載せた絶版の「ちびくろさんぼ」 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年3月 4日 08:24

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー