link6132 link6133 link6134 link6135 link6136 link6137 link6138 link6139 link6140 link6141 link6142 link6143 link6144 link6145 link6146 link6147 link6148 link6149 link6150 link6151 link6152 link6153 link6154 link6155 link6156 link6157 link6158 link6159 link6160 link6161 link6162 link6163 link6164 link6165 link6166 link6167 link6168 link6169 link6170 link6171 link6172 link6173 link6174 link6175 link6176 link6177 link6178 link6179 link6180 link6181 link6182 link6183 link6184 link6185 link6186 link6187 link6188 link6189 link6190 link6191 link6192 link6193 link6194 link6195 link6196 link6197 link6198 link6199 link6200 link6201 link6202 link6203 link6204 link6205 link6206 link6207 link6208 link6209 link6210 link6211 link6212 link6213 link6214 link6215 link6216 link6217 link6218 link6219 link6220 link6221 link6222 link6223 link6224 link6225 link6226 link6227 link6228 link6229 link6230 link6231 link6232 link6233 link6234 link6235 link6236 link6237 link6238 link6239 link6240 link6241 link6242 link6243 link6244 link6245 link6246 link6247 link6248 link6249 link6250 link6251 link6252 link6253 link6254 link6255 link6256 link6257 link6258 link6259 link6260 link6261 link6262 link6263 link6264 link6265 link6266 link6267 link6268 link6269 link6270 link6271 link6272 link6273 link6274 link6275 link6276 link6277
トップページ > IT, Internet, おもちゃ・ホビー, エンターテインメント, サイエンス・テクノロジー > ROBO-ONE ロボットバトルは予想以上に熱い世界だった!

ROBO-ONE ロボットバトルは予想以上に熱い世界だった!

ROBO-ONEを観戦した。ネットで動画見るよりも面白いじゃないか!

本日、日本科学未来館にて行われた、第七回ROBO-ONE決勝トーナメントを観戦した。

■準々決勝の一幕、韓国から参戦の巨大ロボMYRO 2が圧倒的な体重差とパワーの差を見せつけた(写真クリックにて拡大)
050320_01.jpg
この体格差はサイコガンダムとガンダムMkIIの関係に近いかもしれない。MYRO 2は身長70cm、対するメタリックファイターは40cmだ。

■逃走するメタリックファイター(写真クリックにて拡大)
050320_02.jpg
試合開始早々、一目散に逃走するメタリックファイター。実は操縦ミスで後ろに走っていたというオチ(笑)それにしても、後ろからこんなのに追われたら悪夢だな。

■圧倒的じゃないか我が軍は…という感じか(写真クリックにて拡大)
050320_03.jpg
こういう構図になるとMYRO 2はかなりヒールだ。

■ゲストの大河原邦男氏
050320_04.jpg
MYRO 2の凶悪っぷりに、次回大会での体重別クラス分けを進言する大河原氏。

■そこにグレートマジンガァ登場(写真クリックにて拡大)
050320_05.jpg
あのグレートマジンガァを操縦する少年。マスタースレイブでの軽妙な動作に、会場からは「あの子ぜったいニュータイプだよ」という声もあがっていた。ロボワンならではのヲタな台詞にげんなり。
それにしても彼は操縦が上手い、シンクロ率100%だ。メタリックファイターの仇を討てるか?

■見事な逆転勝利(写真クリックにて拡大)
050320_06.jpg
準決勝、やはり体重差によりマジンガァ苦戦、なんと左腕を折られテーピング固定。そんなハンデを乗り越えて、韓国からやってきた巨大ロボMYRO 2から3ダウンを奪いTKO勝ち。マジンガーZの最終回みたいで爽快だった。本日のベストバウトだと思う。
ちなみに決勝でマジンガァは負けてしまったが、その後のベスト8ロボット総出のランブルマッチにて優勝した。

正直なところ、試合などにはあまり面白さを期待してたわけではなかったのだが、今回実際に生で観戦してみると、格闘技、技術屋魂、オタクといった要素が入り混じったエンターテイメント競技だと感じた。テレビやネットで観ている場合ではない。これは生で観戦するに限る。F-1とRCカーグランプリの公約数にプラモ狂四郎とWWEを足したような印象だった。

【関連図書】
●ROBO‐ONEのための二足歩行ロボット製作ガイド RoboBooks

【関連記事】
鉄人28号の予告編動画とペーパークラフト
二足歩行ロボット製作キット
二足歩行ロボットも自作する時代へ
カトキ立ちの法則と真実
ASIMOが走行!その一年前にQRIOが既に走ってたという事実
チキンの骨で恐竜の骨格模型を製作できるらしい



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年3月20日 23:58

» 念願の未来館へ from Paqn! ミカニッキ
日曜日に、毛利 衛 さんが館長をつとめる「日本科学未来館」に行ってきました☆ ここのMEGASTAR-II… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年3月21日 23:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー