link3504 link3505 link3506 link3507 link3508 link3509 link3510 link3511 link3512 link3513 link3514 link3515 link3516 link3517 link3518 link3519 link3520 link3521 link3522 link3523 link3524 link3525 link3526 link3527 link3528 link3529 link3530 link3531 link3532 link3533 link3534 link3535 link3536 link3537 link3538 link3539 link3540 link3541 link3542 link3543 link3544 link3545 link3546 link3547 link3548 link3549 link3550 link3551 link3552 link3553 link3554 link3555 link3556 link3557 link3558 link3559 link3560 link3561 link3562 link3563 link3564 link3565 link3566 link3567 link3568 link3569 link3570 link3571 link3572 link3573 link3574 link3575 link3576 link3577 link3578 link3579 link3580 link3581 link3582 link3583 link3584 link3585 link3586 link3587 link3588 link3589 link3590 link3591 link3592 link3593 link3594 link3595 link3596 link3597 link3598 link3599 link3600 link3601 link3602 link3603 link3604 link3605 link3606 link3607 link3608 link3609 link3610 link3611 link3612 link3613 link3614 link3615 link3616 link3617 link3618 link3619 link3620 link3621 link3622 link3623 link3624 link3625 link3626 link3627 link3628 link3629 link3630 link3631 link3632 link3633 link3634 link3635 link3636 link3637 link3638 link3639 link3640 link3641 link3642 link3643 link3644 link3645 link3646 link3647 link3648 link3649
トップページ > 雑記 > 不食と断眠に挑戦した日本人がいた!

Stingy clipart on PhoPng.

不食と断眠に挑戦した日本人がいた!

まったく何も食べず眠らずというわけではないけど、挑戦していた日本人が既に存在していた

前回からの続き



「人は食べなくても生きられる」と「断眠?人は眠らないとどうなるか?」という本があります。著者は実践思想家の山田鷹夫さん。

トンデモ本としての評価もあるわけですが、食べないということに端を発するユニークな哲学ですから、当然のことながら食べる人にとってはトンデモに限りなく近いのは否めないと思います。

で、山田鷹夫氏へのインタビュー裏話がこのページに掲載されています。

凡人の考える「欲」よりも更に高次元の「欲」とは「食べない快楽」「人間は、本来何も持っていなかった」という真理に至るのではないか?

なるほどー
食べる楽しみを失うことよりも、食べないことの快楽を見出すのか。

ちなみに僕は去年の夏、あまりの猛暑に食欲が激減してしまい、ほぼ豆類しか食べられない時期がありました。

ひじき豆、冷や奴、枝豆、納豆、それと青汁だけが口に合うので、そればかり食していたところ、二日目くらいでウンコが完全に緑色になりました。2週間目くらいで仕事中にクラクラしてしまい、完全に倒れ込んでしまいました。しばらく寝てすぐに復活できたのですが、ステーキを食べてスイッチを切り替えました。

どのみち豆もタンパク質なので、それほど変わりもないような気がするんですが、肉の効果というのは絶大だと思いましたね。

あのときステーキを食べていなければ、苦しみながらもまだまだ豆食生活が続けられたような気がします。そしてそのまま量を減らして不食に....というのは甘いかな。

でも、断眠も含めて、そろそろ真面目に検討してみよう。断眠と不食が達成できれば、人生の時間が倍になる。


●人は食べなくても生きられる
●断眠?人は眠らないとどうなるか?



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年5月 8日 23:45

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー