link3796 link3797 link3798 link3799 link3800 link3801 link3802 link3803 link3804 link3805 link3806 link3807 link3808 link3809 link3810 link3811 link3812 link3813 link3814 link3815 link3816 link3817 link3818 link3819 link3820 link3821 link3822 link3823 link3824 link3825 link3826 link3827 link3828 link3829 link3830 link3831 link3832 link3833 link3834 link3835 link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941
トップページ > IT, Internet > ブログ悲観論について突いたあとで思うこと

ブログ悲観論について突いたあとで思うこと

やっぱり何するにしても実力の世界なわけです。

ここからの続きですよ

自分は映像の勉強してたんで、映像要員としてCD-ROMだの作ってたある会社に入ったんですが、アップル(Mac)様々で映像以外のことも中途半端ながらこなせるようになり、ウェブデザインなんかもやるようになったわけですね。CD-ROMは下火だし、ウェブは金になるぞって言うんで。

簡便なツールのおかげで花開くっていうのも否定できないものではあるわけです。これはMovableTypeとかTypePadについても言えるんではないかと。

まあそうはいっても、それ以前に、絵画やデザイン面でも子供の頃から賞とったりして頭角を出してたわけで、そういう下地のことを考えると、やはりツールのおかげだけではないですね。(むしろ映像の勉強を始めたのがミドルティーンの時だからそちらのほうが付け足しみたいなものだし)

その意味ではブログというものは、どこかで燻ってる才能あるジャーナリストなんかを上に押し上げる力を持ってるんじゃないかなと。ああ、やっぱり最初に才能ありきというか、実力の世界なわけだ

で、僕にしてみればジャーナリズムというのは行動そのものであって、ジャーナリストが評論家や文筆家かなにかと勘違いされてないかと非常に心配になるのです。

【関連リンク】
NKN:ノータリン感想ノート — 手段とその目的について

「ブログは持てる人が更に持てるためのツールだ」とも言い換えが可能だと思う


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年5月 9日 11:36

» Blog は(ミクロ的な)知的生産コストを逓減させるツールだ from Hardcoded
そもそも、なぜ「ホームページ」を作成するかと考えてみたときに、その最大の理由は、Web という手段を用いて自身の存在を示したり、あるいは自身に関する最新の情報を… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年5月 9日 14:53

» 終焉を言う者から順に終焉が訪れる----「ガ島通信」のタイトルに思う。 from BigBang
「ガ島通信」さんは、その生き様(古いね。表現が)が魅力的であったことと、そのブロ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年5月22日 12:08

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー