link438 link439 link440 link441 link442 link443 link444 link445 link446 link447 link448 link449 link450 link451 link452 link453 link454 link455 link456 link457 link458 link459 link460 link461 link462 link463 link464 link465 link466 link467 link468 link469 link470 link471 link472 link473 link474 link475 link476 link477 link478 link479 link480 link481 link482 link483 link484 link485 link486 link487 link488 link489 link490 link491 link492 link493 link494 link495 link496 link497 link498 link499 link500 link501 link502 link503 link504 link505 link506 link507 link508 link509 link510 link511 link512 link513 link514 link515 link516 link517 link518 link519 link520 link521 link522 link523 link524 link525 link526 link527 link528 link529 link530 link531 link532 link533 link534 link535 link536 link537 link538 link539 link540 link541 link542 link543 link544 link545 link546 link547 link548 link549 link550 link551 link552 link553 link554 link555 link556 link557 link558 link559 link560 link561 link562 link563 link564 link565 link566 link567 link568 link569 link570 link571 link572 link573 link574 link575 link576 link577 link578 link579 link580 link581 link582 link583
トップページ > Flash, IT, Internet, ブログ > FlashBlogというレイヤーから見るブログ(悲観)論の無意味さ

נערות ליווי בחיפה

FlashBlogというレイヤーから見るブログ(悲観)論の無意味さ

Flashでブログを作成できるということからブログ論へ

ここからの続きです。

先日、KaRa designstudioさん講師による第1回FlashBlogセミナーに行って参りました。

FlashBlogというのはXMLを介して「Flash」と「MovableType」という一見対極に位置しそうなもの同士をつなげるというもの。平たく言ってしまえば、ブログの見た目をFlashで制作することが出来ますよ、というWEB屋側からの提案ですね。

「ブログ(blog)」という言葉選びはポピュラリティを意識したものでしかなくて、本質的にはMovableTypeという「簡便なCMS」を用いて「誰にでも更新が容易なFlashサイト」が制作できるという事です。コンセンサスをとったわけではないですが、会場にいた方々の総意はそんな感じではないかと。

さて、例のブログ論に突然入りますがw
WEB屋(というか技術屋)がブログを技術的側面から見て、それをテクノロジーだとかツールだとか言うのはごく当たり前の事だと思います。

ブログを自動車に置き換えてみると分かりやすいのですが、大前提として自動車とは「徒歩よりも速く移動できる」ツールなのです。その特性を踏まえたうえで初めて、様々な用途に応じた車種の意義が見えてくるわけです。そして、ユーザーが自動車に寄せる想いというものが生じて来るわけです。

傍目に見ていると、「ブログ界」と言われるような言論空間めいた実体の知れないものは、自動車関連で言えば一部のツーリングクラブのような位置付けになりますかね。

僕は技術屋なので、スポーツカーとかセダンとかワゴンを作りたいといったようなレイヤーでとらえますし、大多数のユーザーは目的に応じた車種を選んで、目的を果たせば良いわけです。

「ブログ=テクノロジー」という観点に基づけば、一口に「ブログを書く」と言ってしまうのは「自動車に乗る」と言うくらい漠然としたもので、それは運送業にも緊急出動にも通勤にも送迎にも適用できてしまうわけです。議論や交流の場であるという一面だけをとらえて「ブログとはこうだ!」と断言してしまうのは如何なものかと。

ちなみに僕の家は駅前なので、あまり自動車というものの必要性が無いです。ブログ以上に有効な「議論、交流の場」を既に得ているであろう方々にとっては、ブログを書くというのはそれほど魅力的ではないのかもしれません。情報発信という面でも同様ではないかと感じます。



Flashでデザイン差がつくBlogサイトの作り方 原一浩 (著)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年5月19日 08:57

» Blog間のコミュニケーションを促進する「トラックバックじゃんけん!β版」リリース! from FlashBlog.JP:「Flashでデザイン 差がつくBlogサイトの作り方」
「トラックバックじゃんけん!」β版とは?Blogの機能の1つに、トラックバックと… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年6月27日 17:47

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー