link4088 link4089 link4090 link4091 link4092 link4093 link4094 link4095 link4096 link4097 link4098 link4099 link4100 link4101 link4102 link4103 link4104 link4105 link4106 link4107 link4108 link4109 link4110 link4111 link4112 link4113 link4114 link4115 link4116 link4117 link4118 link4119 link4120 link4121 link4122 link4123 link4124 link4125 link4126 link4127 link4128 link4129 link4130 link4131 link4132 link4133 link4134 link4135 link4136 link4137 link4138 link4139 link4140 link4141 link4142 link4143 link4144 link4145 link4146 link4147 link4148 link4149 link4150 link4151 link4152 link4153 link4154 link4155 link4156 link4157 link4158 link4159 link4160 link4161 link4162 link4163 link4164 link4165 link4166 link4167 link4168 link4169 link4170 link4171 link4172 link4173 link4174 link4175 link4176 link4177 link4178 link4179 link4180 link4181 link4182 link4183 link4184 link4185 link4186 link4187 link4188 link4189 link4190 link4191 link4192 link4193 link4194 link4195 link4196 link4197 link4198 link4199 link4200 link4201 link4202 link4203 link4204 link4205 link4206 link4207 link4208 link4209 link4210 link4211 link4212 link4213 link4214 link4215 link4216 link4217 link4218 link4219 link4220 link4221 link4222 link4223 link4224 link4225 link4226 link4227 link4228 link4229 link4230 link4231 link4232 link4233
トップページ > GarageBand, Logic Pro > ボーカルトランスフォーマのノイズ解消法について

נערות ליווי בחיפה

ボーカルトランスフォーマのノイズ解消法について

男声から女声に変えるということは並々ならぬ苦労があるわけです。

LogicProおよびGarageBand2にはボーカルトランスフォーマというエフェクトがあります。

要はピッチやフォルマントをいじって、男声から女声に変換したり、3度上げてハモらせたり、チップマンクス系にしたり、モンスターにしたり、という事をやるものです。

で、僕の場合はLogicExpressなので、ボーカルトランスフォーマは付いてません。ピッチ調整は出来るんですが、それだけだと単に、あんしんパパ状態ですね(笑)

というわけで、一度書き出して、GarageBand2にて男の声から女の声へと変換してやるわけです。せっかく96khzで録音してるのに、44.1khzになってしまうというのは少し寂しいですけどね。

さて、そのGarageBand2での男声→女声の変換が曲者でして、金属音的なノイズというかサチったようなクリップノイズというか、とにかく一筋縄ではいかないノイズが乗ってしまうこと多々アリなんですよ。

激しいブレスとか「シ」などの破裂音については特にひどい状態です。加えてうにゃうにゃしたノイズを腹んでいたり・・・トレブルリダクションとかEQで高音域を絞ってやることでなんとか低減させる事はできるんですけどね。完全ではない。

これがね、逆に女声から男声に変換する場合だと起きないんですね。目立つノイズってのは高音域にあるから。

そういった事から、
恐らくこの問題は、男声に含まれる高音域の成分が、ピッチ変更によって更に高音に持ち上げられるために起こるのではないかと。それにプラスして、通常では可聴できない帯域のヒスノイズ的なものも上に持ち上げて、うにゃうにゃしたノイズも加えてしまうんではないかと。

ヒスノイズについては相殺できますけども、歌唱法によっては「シ」の発音などは回避し難い問題でもありますから、ボーカルトランスフォーマを使用する場合はトライ&エラーの繰り返しになりそうですね。

また、オケを聴きながらの録音になるとCPU負荷が激しいので、ここはソフトウェア的な処理よりも、ハードウェアの導入を考えた方が良いかもしれませんね。RolandのBOSSブランドからはVT-1というボーカルトランスフォーマが発売されています。ハードウェアのエフェクトであれば、ライヴなどでも使えますよね。製品情報 VT-1



Roland FireWireオーディオ・インターフェース FA-66


Roland USBオーディオ/MIDIインターフェース UA-25



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年6月 1日 06:31

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー