link2800 link2801 link2802 link2803 link2804 link2805 link2806 link2807 link2808 link2809 link2810 link2811 link2812 link2813 link2814 link2815 link2816 link2817 link2818 link2819 link2820 link2821 link2822 link2823 link2824 link2825 link2826 link2827 link2828 link2829 link2830 link2831 link2832 link2833 link2834 link2835 link2836 link2837 link2838 link2839 link2840 link2841 link2842 link2843 link2844 link2845 link2846 link2847 link2848 link2849 link2850 link2851 link2852 link2853 link2854 link2855 link2856 link2857 link2858 link2859 link2860 link2861 link2862 link2863 link2864 link2865 link2866 link2867 link2868 link2869 link2870 link2871 link2872 link2873 link2874 link2875 link2876 link2877 link2878 link2879 link2880 link2881 link2882 link2883 link2884 link2885 link2886 link2887 link2888 link2889 link2890 link2891 link2892 link2893 link2894 link2895 link2896 link2897 link2898 link2899 link2900 link2901 link2902 link2903 link2904 link2905 link2906 link2907 link2908 link2909 link2910 link2911 link2912 link2913 link2914 link2915 link2916 link2917 link2918 link2919 link2920 link2921 link2922 link2923 link2924 link2925 link2926 link2927 link2928 link2929 link2930 link2931 link2932 link2933 link2934 link2935 link2936 link2937 link2938 link2939
トップページ > サイエンス・テクノロジー > 2050年、脳の中身をPCに保存?マモーになれるのか?

2050年、脳の中身をPCに保存?マモーになれるのか?

マモーは無理でもJM程度に記憶のダウンロードができちゃうといいね

2050年、人間は「不死身」に=脳の中身をPC保存」という素敵なニュースがありました。

コストがかかるため、2050年に「脳ダウンロード」を享受できるのは金持ちだけで、貧乏人は2075―80年まで待たねばならないだろう

まったくの妄想ですね(笑)
「ルパンvs複製人間」とかマモーとか、はたまた「キャプテンフューチャー」のサイモンとか言っても最近の子供には通じなかったりするのが哀しいところです。

それから2020年までには「意識」を持ったコンピューターの開発が可能だとも語られているんですが、

感情を持ったコンピューターの応用例として、航空機制御プログラムへの導入を提唱。「墜落を前にしたコンピューター制御プログラムは恐怖を覚え、何としてでも墜落を回避しようと全力を挙げるだろう」と語った

はちゃめちゃですね。久々に使いましたこの言葉。はちゃめちゃ!

恐怖を覚えるのと墜落回避の間に、日本海溝より深い溝があるんですが....

まあ、百歩譲って墜落回避に全力を注ぐ能力があると仮定しよう。で、恐怖を覚えたら逃げないか?もしくは怖じ気づいて尻込みしないか?てゆうか責任感ないとやってくんないぞ。責任感てのは社会性の中から芽生えるもので、ひょっとしたらこのコンピュータ導入したら育成から始めなきゃならんのか?てゆうか感情に左右されないからコンピュータは信用できるというのが現状じゃないのか?

冷静沈着なデータ少佐がエモーションチップを搭載した途端に恐怖でガチガチに固まっちゃったのを知らないのか?

などと妄想の塊に妄想の塊で返しても虚しくなるのですがw

真面目な話をするとですね、感情というのは脳内の化学反応なわけですから、その微妙さ加減をコンピュータでも表現できないと困りますよね。記憶だけダウンロードできたところで、やっぱり意識とか感情が無いと意味が無いわけですよね。

で、本当に望ましいのは、感情や思考のパターンをちゃんと記憶の持ち主からコピーできる状態ですよね。それが出来ないと、別人格(のコンピュータ内)に記憶を転送しただけになってしまう。おそらく記憶のダウンロードをする人が望むのは、自分自身の移植であって、記憶のみの移築ではないですものね。むしろ記憶は欠損していたとしても、自我がある限り自分は自分でいられるわけで、記憶よりもそれを保存する方法を考えるべきですかね。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年6月20日 20:40

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー