link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821 link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875
トップページ > 雑記 > 心霊!? 怪談!? 今年の夏のちょっと怖い話(6)

נערות ליווי בחיפה

心霊!? 怪談!? 今年の夏のちょっと怖い話(6)

いったい誰に向かって挨拶したのか、ということ

前回からのつづきです。

大きな道へ抜けようと彷徨っている間、ときおり鈴とも風鈴ともとれるような音が鳴っていました。おそらくは、飼い猫の首輪の鈴か、民家の風鈴なのではないかと思い、それほど気にもしてませんでした。

さて、彷徨った挙げ句に、ようやくいつも通ってる道に抜け出ました。

ふと気付けば、もう空が明るい。というより、あの袋小路だけが暗かった。やはりあの場所は異常だったんだ、と実感しました。

そしてしばらく走ったところで、警察官が立っていました。空が明るくなってきたとはいえ、まだ未明ですから、暗いといえば暗いです。一人の青年が自転車にまたがった状態で、警察官からいろいろと質問されているところでした。

やはり無灯火で呼び止められたのでしょうか。僕のライトも既に電池切れでしたから、呼び止められたらイヤだなぁと思ってたんですが、そしたら警官がこちらを見て、そしてバッチリと目が合ってしまいました。

こりゃ僕も呼び止められるだろうな、と覚悟しました。しかし、警官の口から出た言葉は意外にも

「おはようございます」

だったのです。

拍子抜けしました。僕も「おはようございます」と返して警官の前を通り過ぎました。なんで呼び止められないのだろう?とライトを見てみたら、なんとまた点灯してる!!!なんで!?

その二秒後くらいです、警官がふたたび「おはようございます」と同じトーンで繰り返したのが後ろから聞こえました。

僕のすぐ後ろにも誰か自転車に乗った人がいるんだろう、と思いました。シャーッという自転車の車輪の音が何度か聞こえていましたし。

しかし、僕はかなりゆっくりしたペースで走ってました。すぐ後ろにいるなら、追い越されても不思議ではない速度です。なのに、なかなか追い抜いてはくれませんでした。バックミラーは付けてないので後ろを確認できず、もし変な人だったらどうしよう?とも思い始めました。

そのときです!!

次回へつづく…



人体模型:視覚器(眼球),5倍大・7分解ジャイアントモデル,眼窩床付



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年8月 9日 05:29

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー