link980 link981 link982 link983 link984 link985 link986 link987 link988 link989 link990 link991 link992 link993 link994 link995 link996 link997 link998 link999 link1000 link1001 link1002 link1003 link1004 link1005 link1006 link1007 link1008 link1009 link1010 link1011 link1012 link1013 link1014 link1015 link1016 link1017 link1018 link1019 link1020 link1021 link1022 link1023 link1024 link1025 link1026 link1027 link1028 link1029 link1030 link1031 link1032 link1033 link1034 link1035 link1036 link1037 link1038 link1039 link1040 link1041 link1042 link1043 link1044 link1045 link1046 link1047 link1048 link1049 link1050 link1051 link1052 link1053 link1054 link1055 link1056 link1057 link1058 link1059 link1060 link1061 link1062 link1063 link1064 link1065 link1066 link1067 link1068 link1069 link1070 link1071 link1072 link1073 link1074 link1075 link1076 link1077 link1078 link1079 link1080 link1081 link1082 link1083 link1084 link1085 link1086 link1087 link1088 link1089 link1090 link1091 link1092 link1093 link1094 link1095 link1096 link1097 link1098 link1099 link1100 link1101 link1102 link1103 link1104 link1105 link1106 link1107 link1108 link1109 link1110 link1111 link1112 link1113 link1114 link1115 link1116 link1117 link1118 link1119

We[love]blog

We[love]blogキャンペーンです

we love blog
Six Apart — We [love] blog: あなたの、We[love]blogについて教えて下さい!

僕はMovableTypeについては、CMSという側面から入りました。

Macromedia社のContributeよりも手軽に、誰もがWEBサイトの更新を行えるツールだと感じたのが最初の印象でした。わりと柔軟にサイトのデザインもできましたし。

2003年のはじめ頃だったと思うんですけども、やたら「blog」と触れ込みまわってましたね。いくつかお仕事でblogを設置するという機会もあり、ほんといいCMSだと思ってました。

が、元同僚のコグレさんがいつのまにやらネタフルとかいうblogで有名になっていて、そこでblogというのは単なるCMSにとどまらず、個人サイトの新しい在り方なんだなと感じた次第です。

その後、あるSNSに入会した僕は、そこで大量に日記を増産していったわけですが、ログの保存も出来ないうえにクローズドな場所で自分の意見を書き連ねていくということに非常に疑問を感じたのです。

そして自分の個人サイトにもMovableTypeを導入したわけですが、そうやって自らの手でblogを書くというのを始めたのは非常に遅くて、去年の末頃からですね。

やってみるとこれが非常に面白い。

単にCMSというとらえ方をしていた頃とは完全に違いましたね。

知らなかったことを知る

気付かなかったことに気付く

いい人達に出会える

これまでも日記CGIを利用して、日記のようなものを書いていたことはありましたが、blogを使うようになって一番変わったのは、自分の書いたことが他へと波及していくことですね。

そこに輪ができる。コミュニケーションツールとして面白い。これがblogなんだな、と感じました。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年8月31日 23:29

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー