link3212 link3213 link3214 link3215 link3216 link3217 link3218 link3219 link3220 link3221 link3222 link3223 link3224 link3225 link3226 link3227 link3228 link3229 link3230 link3231 link3232 link3233 link3234 link3235 link3236 link3237 link3238 link3239 link3240 link3241 link3242 link3243 link3244 link3245 link3246 link3247 link3248 link3249 link3250 link3251 link3252 link3253 link3254 link3255 link3256 link3257 link3258 link3259 link3260 link3261 link3262 link3263 link3264 link3265 link3266 link3267 link3268 link3269 link3270 link3271 link3272 link3273 link3274 link3275 link3276 link3277 link3278 link3279 link3280 link3281 link3282 link3283 link3284 link3285 link3286 link3287 link3288 link3289 link3290 link3291 link3292 link3293 link3294 link3295 link3296 link3297 link3298 link3299 link3300 link3301 link3302 link3303 link3304 link3305 link3306 link3307 link3308 link3309 link3310 link3311 link3312 link3313 link3314 link3315 link3316 link3317 link3318 link3319 link3320 link3321 link3322 link3323 link3324 link3325 link3326 link3327 link3328 link3329 link3330 link3331 link3332 link3333 link3334 link3335 link3336 link3337 link3338 link3339 link3340 link3341 link3342 link3343 link3344 link3345 link3346 link3347 link3348 link3349 link3350 link3351 link3352 link3353 link3354 link3355 link3356 link3357
トップページ > IT, Internet > アーティストじゃない方がアートに近いのかもしれない

アーティストじゃない方がアートに近いのかもしれない

分かりやすくメモっておこうと思います。

日本全国・見たいもんはみたいぞの会:書く気をなくしかけてたガンダム展レポート。より

JDと生穴子なんて食いながら話していたわけですが、アートそれもメディアアートの分野に片足でもつっこんでいる人たちはホント今難しいところにいますね。

というわけで、これからどうすんの?という状況です。

大学時代、あるビデオアート作家の教授が授業中に、「いま見るとつまんないけどね」と言いながら、自身の過去の実験映像作品を見せてくれたことがありました。

「いま見るとつまんないけどね」というのは、謙遜でも照れ隠しでもなくて、ほんとのほんとに真実です。実験映像の類いはアヴァンギャルドな技法開発という意味も含んでますから、いずれ陳腐化してしまうものです。CGが手軽に出来るようになる前は、ビデオフィードバックなんてものでも面白く感じてたりしたものです。

去年、あるビデオアートばかりを上映しているカフェのフライヤーをもらいました。作家さんの名前は失念したのですが、365日をビデオで記録したという作品が紹介されていました。

これまさに、いまVlogで行われていることそのものなんですよね。しかもVlogのほうは一年を撮りためることなく、オンタイムで進行していくぶん面白い。

昔だったら、同じ作家同士で技法が広まっていく程度だったと思うんですが、今だと、作家以外のもっと広い層にそれが伝播するわけです。Vlogなんてものはまさにそれで、テクノロジーに後押しされて一作家の発想し得る範疇など遥かに越えて飛躍していくわけです。

こうなったら、もはやアーティストなんて不要だとも思えてしまいます。実際のところそうなのかもしれないです。はてなやmixiや2ちゃんねるやTypePadの方が、所謂アートとして作られた作品よりもずっと大きな感動を生むわけです。今現在もっとも偉大なアーティストは誰かと問われれば、僕は迷うことなくスティーヴ・ジョブズの名を挙げますね。

【関連リンク】
ICCはもうなくなってもいいと思うだ。


高木工務店?デジタルコンテンツ制作のココロとテクニックを盗め!
高木敏光(著)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年9月 8日 06:47

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー