link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972 link3973 link3974 link3975 link3976 link3977 link3978 link3979 link3980 link3981 link3982 link3983 link3984 link3985 link3986 link3987 link3988 link3989 link3990 link3991 link3992 link3993 link3994 link3995 link3996 link3997 link3998 link3999 link4000 link4001 link4002 link4003 link4004 link4005 link4006 link4007 link4008 link4009 link4010 link4011 link4012 link4013 link4014 link4015 link4016 link4017 link4018 link4019 link4020 link4021 link4022 link4023 link4024 link4025 link4026 link4027 link4028 link4029 link4030 link4031 link4032 link4033 link4034 link4035 link4036 link4037 link4038 link4039 link4040 link4041 link4042 link4043 link4044 link4045 link4046 link4047 link4048 link4049 link4050 link4051 link4052 link4053 link4054 link4055 link4056 link4057 link4058 link4059 link4060 link4061 link4062 link4063 link4064 link4065 link4066 link4067 link4068 link4069 link4070 link4071 link4072 link4073 link4074 link4075 link4076 link4077 link4078 link4079 link4080 link4081 link4082 link4083 link4084 link4085 link4086 link4087
トップページ > Handycam, エレクトロニクス > ソニーのデザインについてちょっと考えた

Content png on PhoPng.

ソニーのデザインについてちょっと考えた

Appleにかなわない理由を考えてみた

iPod nanoが発表されたその日に、SONYからも新ウォークマンが発表されたのですが、そこで激しく失望した記者さんが「Appleとソニー,どっちも驚いた — 日経エレクトロニクス — Tech-On!」というのを書いてました。この記事を読んでいてふと思ったのです。

ソニーってもともとそんなに期待するほどだったっけ?と。

8mmハンディカムのDCR-TRV55なんかは目から鱗のレイアウトで小型化していたし、カセットテープ時代のウォークマンにしても、その後に続くCDやMDのウォークマンにしても良いものが沢山ありました。

が、ソニーのとってきたアプローチというのは常に、どこまで記憶メディアのサイズに迫れるかという点に終始してたように思えます。

驚異的なダウンサイジングというのを実現するために、使い勝手やデザインの部分を犠牲にしてきた製品もたくさんあると思うんですよね。実際、使用していてそういう面は感じてました。

シリコンオーディオプレーヤーの時代になり様々な制約から解放されて、むしろより良いデザインが生まれてくるはずなのに、ソニーには毎回期待を裏切られています。豆?なにそれ!?という感想でしたからね。

小型軽量を実現するメカのレイアウトなどは得意なのでしょうけども、実際のところソニーというのは真面目にデザインに取り組んでこなかったのかもしれないですね。そんな風に思えてしまう昨今の低迷ぶりです。

日本人としてもうすこし頑張って欲しいと思います。スティーブ・ジョブズは数年前に「コンピュータ業界のソニーを目指す」と言ってましたし、家電業界を牽引していく存在として復活を遂げて欲しいところです。


iPod nano



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年9月11日 01:34

» シンプル・デザイン
アップルとソニーの明暗
from 世界はゴミ箱の中に
iPod Nano、病気で倒れてる間に出されちゃって、まったく油断もスキもあった [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年9月12日 00:44

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー