link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437 link438 link439 link440 link441 link442 link443 link444 link445 link446 link447 link448 link449 link450 link451 link452 link453 link454 link455 link456 link457 link458 link459 link460 link461 link462 link463 link464 link465 link466 link467 link468 link469 link470 link471 link472 link473 link474 link475 link476 link477 link478 link479 link480 link481 link482 link483 link484 link485 link486 link487 link488 link489 link490 link491 link492 link493 link494 link495 link496 link497 link498 link499 link500 link501 link502 link503 link504 link505 link506 link507 link508 link509 link510 link511 link512 link513 link514 link515 link516 link517 link518 link519 link520 link521 link522 link523 link524 link525 link526 link527 link528 link529 link530 link531 link532 link533 link534 link535 link536 link537 link538 link539 link540 link541 link542 link543 link544 link545 link546 link547 link548 link549 link550 link551 link552 link553 link554 link555 link556 link557 link558 link559
トップページ > IT, Internet, ビデオブログ・ポッドキャスト > PodcastingをiTunesに登録してまで聴いてる人って少ないんじゃないのでしょうか?

PodcastingをiTunesに登録してまで聴いてる人って少ないんじゃないのでしょうか?

ニフティはなせPodcastingの登録者数を公表しないのか?という疑問とか。

さっきポッドキャスティング・ジュースにうちのブログを登録して動作テストしてみてたんですよ。MovableTypeには正式に対応してないみたいだったから。

うちのテンプレが少し変わってるということもあって、多少工夫が必要だったんですけども、配信自体は大丈夫でした。

で、すごいなと感じたのがランキングの推移です。最初は750位くらいだったんですけども、ちゃんと配信されるようになるまでテストしていたほんの30分くらいの間になんと552位までランクアップしてしまったのです!

ポッドキャスティング・ジュースのサイトを見たところ、新着Podcastingに関する案内ページなどは用意されてないように見えますし、ランキングのページは上位50位までしか表示されてません。つまりポッドキャスティング・ジュースからうちのブログへの導線は無いわけです。

たまたまうちのブログを見に来た人がiTunesに登録したということでしょうか?

特に人気ないブログなのでアクセスログとってないんですが、その30分ほどの間に見に来て登録した人なんて、ほんの2〜3人ではないかと思うんですよね。段階的に(3ステップで)、750位くらいから、650位くらいになり、最終的に552位になったのですが、これでは登録者わずか1人くらいの差で100位程度もランキングが変わるという風にも思えてしまいます。

ひょっとして、ランキングでトップ10入りしているPodcastingでも、実際の登録者数はまだまだ寒いものじゃないんでしょうか。このランキングページには、順位は載ってますけども、登録者数は表示されていませんしね。サービスの立ち上げ時などで数字が小さすぎる場合、公表せずに伏せておくというのはよくある話なので、勘ぐってしまいますよね。

モーリーロバートソンやサエキさんが上位に来るのは分かるんですが、モダシンさんまで上位に食い込んでるあたりで、PodcastingはまだまだIT業界内の内輪の盛り上がりでしかないのかな?と思ってみてます。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年9月16日 09:20

» Podcastingについて朝5時まで考えてみた from chihotdec.com blog
世の中Podcastが流行っているようで。 昨夜、朝5時まで(!)Podcastについてあれこれと考えていました。 一人でぶつぶつ考えるのもつまらないので、… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年9月17日 00:07

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー