link0 link1 link2 link3 link4 link5 link6 link7 link8 link9 link10 link11 link12 link13 link14 link15 link16 link17 link18 link19 link20 link21 link22 link23 link24 link25 link26 link27 link28 link29 link30 link31 link32 link33 link34 link35 link36 link37 link38 link39 link40 link41 link42 link43 link44 link45 link46 link47 link48 link49 link50 link51 link52 link53 link54 link55 link56 link57 link58 link59 link60 link61 link62 link63 link64 link65 link66 link67 link68 link69 link70 link71 link72 link73 link74 link75 link76 link77 link78 link79 link80 link81 link82 link83 link84 link85 link86 link87 link88 link89 link90 link91 link92 link93 link94 link95 link96 link97 link98 link99 link100 link101 link102 link103 link104 link105 link106 link107 link108 link109 link110 link111 link112 link113 link114 link115 link116 link117 link118 link119 link120 link121 link122 link123 link124 link125 link126 link127 link128 link129 link130 link131 link132 link133 link134 link135 link136 link137 link138 link139 link140 link141 link142 link143 link144 link145
トップページ > CG、動画、音楽などの習作 > 病床の死の淵で命を削りつつケータイから執筆した短編小説

נערות ליווי בחיפה

病床の死の淵で命を削りつつケータイから執筆した短編小説

ケータイメールからも文学は生まれる

大げさなタイトルですが、先ほどハードディスクの片隅から発掘された拙作をここに発表します。

3年前、いい大人なのに息子から水疱瘡をもらい、10日に渡る入院生活の末に生還したのです。たったそれだけの事なのですが、いま読み返してみると、狂気と絶望をはるかに越えた達観とでもいうか、あきらかに覚悟しているような文体であります。

年を追うごとに感性が鈍り、狂気や絶望への到達すら最近では難しいというのに、土壇場まで追い込まれるとここまで冴え渡るのかと、久しぶりに読み返して自分の業に驚きました。

↓以下がその作品です。


水疱瘡

【柘榴(ざくろ)】

綺麗だろう?
信じられるかい?

透き通って、きらめいて、ワインの様に深く紅い。
まるで柘榴の小さな粒のひとつひとつを、皮からスプーンでこそぎ取って、撒き散らしたみたいだ。

でもこれ、俺の躯なんだぜ。
信じられるかい?

この病は、死とひきかえに、こんなにも美しい水泡を、無数に産み落としてくれたのだよ。

昨晩、俺はある夢を見た。
すでに千も出ている水泡の、その隙間に覗く皮膚からも、新たに星の数の水泡が生まれでる夢だ。
その水泡はしだいに大きく膨れ上がり、隣り合うもの同士がアメーバーのように融合し、瘤のような塊ができる。その瘤も膨らみ続けて融合しあい、やがて俺の全身は大きなひとつの水泡に包まれてしまう。
そのとき、病室の隅の暗闇から静かにそっと現れた真っ白な山羊が、まるで草でも食むようにムシャムシャと、俺の水泡を食べ漁るのさ。
ただの水泡になっちまった俺は、その痛みに悲鳴をあげることすら出来ず、いつまでも山羊がたてるムシャムシャという音を聞くしかなかったというわけだ。

悪夢から醒めたとき、俺の手には掻きむしった痕がいくつも残っていた。
その手で額の汗を拭ったとき、俺は愕然とした。
まさに柘榴の果肉そのままの触感なのだ。
いくつもの微少な粒が俺の顔を覆いつくし、その粒のいくつかは触れただけで潰れ、しっとりと顔を濡らした。

すぐさま俺は壁際の鏡に目をやった、しかし…!
昨晩たしかにそこにあったはずの鏡が無くなっているではないか。

そのとき、入り口の鍵を開ける音がした。付き添い婦が朝食を運んできたのだ。
鏡はどうしたのかと尋ねると、彼女は俺と目を合わせないようにしながら、看護婦が夜中のうちに外して片付けたのだとだけ答え、そそくさと部屋をあとにした。
そしてまた鍵を閉める音が聞こえた。それはこのうえなく冷たい金属音だった。

ついにこの時が来たのだ、俺は悟った。
晴れることのない無限の苦しみから、ようやく解放されるのだ。
惜しむらくは、俺の顔を覆う無数の水泡 ---それはきっと宝石のように美しいであろう--- を眺め愛でる願いが叶わないということだ。

俺は半身を起こして粥を一口だけすすり、また横になった。
しばらくして下膳の時間を迎えると、看護婦が点滴を持ってやって来た。
それは昨日まで射っていたものとは違う色の薬剤だった。

そっと目を閉じると、瞼の裏にサイケデリックな模様が投影された。
うねり波打ちながら、どこまでも遠くへと回り落ちていくような、永遠にループを続けるその模様は、人が最期に見るという走馬灯の景色のようにも思えた。

看護婦が部屋を去る足音と同時に、右腕の静脈にひやりとした液体が流れ込むのを感じた。
俺は持てる精気のすべてで全身に聴覚を張り巡らせ、山羊のムシャムシャという音を探した。

2002.05.10. 病床にて

病室



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2005年9月29日 00:21

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー