link2482 link2483 link2484 link2485 link2486 link2487 link2488 link2489 link2490 link2491 link2492 link2493 link2494 link2495 link2496 link2497 link2498 link2499 link2500 link2501 link2502 link2503 link2504 link2505 link2506 link2507 link2508 link2509 link2510 link2511 link2512 link2513 link2514 link2515 link2516 link2517 link2518 link2519 link2520 link2521 link2522 link2523 link2524 link2525 link2526 link2527 link2528 link2529 link2530 link2531 link2532 link2533 link2534 link2535 link2536 link2537 link2538 link2539 link2540 link2541 link2542 link2543 link2544 link2545 link2546 link2547 link2548 link2549 link2550 link2551 link2552 link2553 link2554 link2555 link2556 link2557 link2558 link2559 link2560 link2561 link2562 link2563 link2564 link2565 link2566 link2567 link2568 link2569 link2570 link2571 link2572 link2573 link2574 link2575 link2576 link2577 link2578 link2579 link2580 link2581 link2582 link2583 link2584 link2585 link2586 link2587 link2588 link2589 link2590 link2591 link2592 link2593 link2594 link2595 link2596 link2597 link2598 link2599 link2600 link2601 link2602 link2603 link2604 link2605 link2606 link2607 link2608 link2609 link2610 link2611 link2612 link2613 link2614 link2615 link2616 link2617 link2618 link2619 link2620 link2621 link2622 link2623 link2624 link2625 link2626 link2627
トップページ > Web 2.0 > 個人ブランディングにはテクノラティのウォッチリスト

Clipart iphones on PhoPng.

個人ブランディングにはテクノラティのウォッチリスト

Thecnoratiのウォッチリストでセルフブランディング、パーソナルブランディングの手応えを見る

『株式会社○○○○の△△△です』とか『□□大学の×××です』とか、そういう自己紹介をされると非常に気分が萎えることが増えてきました。

「小鳥ピヨピヨが参加してるギズモード」が正しくて、「ギズモードの小鳥ピヨピヨさん」では無いということです。

というわけで、

仕事をする上でも何をする上でも、個人ブランディングとかパーソナルブランディングとか呼ばれるものが必要不可欠になってきたわけですが、

手っ取り早くは、自分ってどういう風にとらえられて、どういう風に意見されているのだろう?という点をよく知っておくこと、それを拾い上げること、そしてそのための手段が必要。

岡田斗司夫のプチクリ日記にて「みんなやってるくせにちょっと恥ずかしくて言えない事をこっそり教えましょう」と題して、有名人著名人たちが自分の名前を検索しているという話が書いてありました。

しかしこれ、恥ずかしくて言えないことではなくて、やらなくてはいけない重要なことだと思ってます。ていうかむしろセルフブランディングが必要な立場にありながら、全く自分検索をやらない奴はアホというか。

僕の場合、自分の名前とかブログ名とかそういうのはテクノラティのウォッチリストに入れて、そのRSSを欠かさずチェックしています。

とくにブログという分野では、最近ではわざわざトラックバックなんていう面倒かつ微妙なコミュニケーションを避ける傾向も強いので、テクノラティのウォッチリストは役立ちますく。同様の理由でトラックフィードから得られる被リンクの情報もありがたいですね。

ブログのコメント欄を、はてなブックマークにアウトソーシングした件というのも、そこそこ反響がありましたが、この調子だとトラックバックすらも閉じてしまっても、コミュニケーションに困らない状態になるのではないかと考えています。

そもそもトラックバックなんてコケることが多すぎて、まともに届いてないPingの方が多いような気がします。それにnofollow属性のおかげでアクセス乞食の役にすら立たないものになってしまいましたからね。

【関連記事】
個人のブログは所属組織にも利益をもたらす



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年10月 1日 19:50

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー