link5110 link5111 link5112 link5113 link5114 link5115 link5116 link5117 link5118 link5119 link5120 link5121 link5122 link5123 link5124 link5125 link5126 link5127 link5128 link5129 link5130 link5131 link5132 link5133 link5134 link5135 link5136 link5137 link5138 link5139 link5140 link5141 link5142 link5143 link5144 link5145 link5146 link5147 link5148 link5149 link5150 link5151 link5152 link5153 link5154 link5155 link5156 link5157 link5158 link5159 link5160 link5161 link5162 link5163 link5164 link5165 link5166 link5167 link5168 link5169 link5170 link5171 link5172 link5173 link5174 link5175 link5176 link5177 link5178 link5179 link5180 link5181 link5182 link5183 link5184 link5185 link5186 link5187 link5188 link5189 link5190 link5191 link5192 link5193 link5194 link5195 link5196 link5197 link5198 link5199 link5200 link5201 link5202 link5203 link5204 link5205 link5206 link5207 link5208 link5209 link5210 link5211 link5212 link5213 link5214 link5215 link5216 link5217 link5218 link5219 link5220 link5221 link5222 link5223 link5224 link5225 link5226 link5227 link5228 link5229 link5230 link5231 link5232 link5233 link5234 link5235 link5236 link5237 link5238 link5239 link5240 link5241 link5242 link5243 link5244 link5245 link5246 link5247 link5248 link5249 link5250 link5251 link5252 link5253 link5254 link5255
トップページ > mixi・SNS考察 > Curiosity kills the cat

Curiosity kills the cat

テレビは「皆の好奇心」を満たすだけで、本当は「皆の好奇心」のほうがずっと怖いということ。

江口靖二さんの「E_GUCCI Daily: 青い三角定規」より

テレビやマスメディアというものは人の命も奪うのです
テレビによって彼は追い込まれ 結果として彼は自ら命を絶つのです。

確かにそういう側面はありますし、これが書かれた先週の時点では僕も頷きながら読んでいたのですが、どうやらそれはテレビのせいではないんじゃないか?と思わせる事件が今起こってます。

ウィルス感染したPCから極めてプライベートな内容の写真が流出してしまい、実名登録のSNSによって個人が特定され、騒ぎとなっているようなのです。

よほどのことがない限りマスコミは、とりたてて有名人でもない一個人をネタにして騒ぐようなことはしません。しかし芸能人であれ一市民であれ平板化したネットの社会ではそうでもないようです。

これまではマスコミが媒介しそして同時にコントロールもしていた一般市民の「好奇心」が、ネット上ではダイレクトにその対象とつながってしまうということです。

つまり写真週刊誌のスキャンダル記事のように衆目に晒され辱められる危険性が、我々庶民にもあるのです。

そして個々人が「群衆の好奇心」という実体の見えないものと直接対峙しなくてはならないという事です。

しかし、こういった事件を防ぐ策というのは、ネットの利便性までをも損なうものになる可能性が大きいでしょう。最近流行りのネットを利用したクチコミと似た原理ですし、その暗黒面であるともいえます。

おそらく最も求められているのは、名誉を損なわれた際にそれを挽回する適切な機会が与えられること。好奇心によって殺されることがない社会。

同じ事件について触れた「さくらの唄は心から名作だと思う:[mi]みたいもん!」より

父ちゃん涙とまらないよ。まわりにいい大人がいるといいなあ。

本当に同感です。大人に限らず、周囲にちゃんとした友人・知人がいて助けてくれることを望むばかりです。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年10月 6日 01:33

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー