link6132 link6133 link6134 link6135 link6136 link6137 link6138 link6139 link6140 link6141 link6142 link6143 link6144 link6145 link6146 link6147 link6148 link6149 link6150 link6151 link6152 link6153 link6154 link6155 link6156 link6157 link6158 link6159 link6160 link6161 link6162 link6163 link6164 link6165 link6166 link6167 link6168 link6169 link6170 link6171 link6172 link6173 link6174 link6175 link6176 link6177 link6178 link6179 link6180 link6181 link6182 link6183 link6184 link6185 link6186 link6187 link6188 link6189 link6190 link6191 link6192 link6193 link6194 link6195 link6196 link6197 link6198 link6199 link6200 link6201 link6202 link6203 link6204 link6205 link6206 link6207 link6208 link6209 link6210 link6211 link6212 link6213 link6214 link6215 link6216 link6217 link6218 link6219 link6220 link6221 link6222 link6223 link6224 link6225 link6226 link6227 link6228 link6229 link6230 link6231 link6232 link6233 link6234 link6235 link6236 link6237 link6238 link6239 link6240 link6241 link6242 link6243 link6244 link6245 link6246 link6247 link6248 link6249 link6250 link6251 link6252 link6253 link6254 link6255 link6256 link6257 link6258 link6259 link6260 link6261 link6262 link6263 link6264 link6265 link6266 link6267 link6268 link6269 link6270 link6271 link6272 link6273 link6274 link6275 link6276 link6277
トップページ > ONEDARI BOYS, グルメ・食文化 > 生さば寿司、四季食彩 萩

生さば寿司、四季食彩 萩

やっぱり美味い!福井生まれの最高の鯖寿司を食す。

四季食彩 萩さんの生鯖寿司の話(ていうか写真)の続きです。

家族全員で「生さば寿司」を食べたのですが、みんな本当に満足そうな顔をしていました。少し醤油をつけてもいいそうですが、何もつけずに全て食べ切ってしまいました。

それにしても、この厚さ凄くないですか?酢飯と鯖がほぼ1:1の割合になっています。
さば寿司
このネタとシャリの割合が本当に絶妙なのです。表面をお酢と塩で少し〆ただけということで、サバ自体の味は一般的な〆サバのような酸っぱさはありません。
生の鯖ってこんなに旨味があるんだ!?
という風に、お酢ではない鯖本来の風味を味わうことができます。

上に乗った昆布を剥がして撮影してみました。まだ生きているかのような色ツヤですね!
サバ寿司
まるで刺身の色と食感!
そこらへんのツナ缶と区別もつかないような〆サバなどとはまったく別物、これぞサバ!サバ of サバ!

鯖から酢の味があまりしないので、そのぶん酢飯を存分に堪能できます。実はこれも鯖と同様に素晴らしい点ですね。
鯖寿司
まるでフェロモン!抱かれたいくらい素敵な香り
芳醇なお酢の香りがたまりません。酸っぱそうな匂いの酢ではなくて、まさに芳醇な香り。好きな香水をつけてるというだけで好きになってしまう単純な僕ですが、それと似てます。口に広がるこのお酢の香り、まさにフェロモンのようです。

これ、御飯だけでも十分美味しいんではないかと思うほど、ちゃんと炊けている良いお米です。その酢飯が最初は酸味を感じるのですが、噛めば噛むほど御飯本来の甘みをさらに増幅させ、喉の奥を通るころには鯖の味と相まって、とてもブログなんかじゃ表現しきれないような....
福井の鯖寿司

とにかく噛めば噛むほど味が変わるのです。ヤバい、書いてるだけでまたヨダレが…

強いて言えば、これは醸造でしょうか。口に入れて噛んでるうちに、鯖寿司の諸々が絡み合ってひとつになり、なんらかの「美味しいもの」として醸造されていく感じがします。
お口の中が醸造所やー!
萩の生さば寿司

という事で萩さんの生さば寿司、過去に頂いた際にはひたすら美味さに感動してただけでしたが、三度目にしてようやく冷静に御飯の美味しさにもちゃんと気付くことが出来ました。

これ、もっともっと食べれば、さらに美味しさを発見できるんではないかと思います。無限に広がる美味しさ。そんな鯖寿司は他にないんじゃないでしょうか。

生さば寿司【「生さば寿司」四季食彩 萩】
懐石料理 【限りなく生に近い酢〆をした押し寿司「生さば寿司」。】

ちなみに四季食彩 萩さんでは、若狭牛や中トロの押し寿司なんてのも販売されてます。めっちゃ食いたいです。写真だけでヨダレじゅるじゅるです。今日はその写真ばかり15分以上眺めてしまいました(笑)

【関連記事】
萩の鯖寿司、生なので賞味期限は36時間!
四季食彩 萩の生さば寿司、感動の美味さです
萩 へしこ寿司は食べる日本酒だった


お寿司の撮影はやっぱりXactiで行っております。
SANYO デジタルムービーカメラ Xacti DMX-CA6 オレンジ (生活防水)

Xacti DMX-CA6の静止画はグルメなブログに向くか?
Xacti DMX-CA6のある週末
Xacti DMX-CA6の画質と動画共有サービスの相性



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年10月 9日 00:44

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー