link2240 link2241 link2242 link2243 link2244 link2245 link2246 link2247 link2248 link2249 link2250 link2251 link2252 link2253 link2254 link2255 link2256 link2257 link2258 link2259 link2260 link2261 link2262 link2263 link2264 link2265 link2266 link2267 link2268 link2269 link2270 link2271 link2272 link2273 link2274 link2275 link2276 link2277 link2278 link2279 link2280 link2281 link2282 link2283 link2284 link2285 link2286 link2287 link2288 link2289 link2290 link2291 link2292 link2293 link2294 link2295 link2296 link2297 link2298 link2299 link2300 link2301 link2302 link2303 link2304 link2305 link2306 link2307 link2308 link2309 link2310 link2311 link2312 link2313 link2314 link2315 link2316 link2317 link2318 link2319 link2320 link2321 link2322 link2323 link2324 link2325 link2326 link2327 link2328 link2329 link2330 link2331 link2332 link2333 link2334 link2335 link2336 link2337 link2338 link2339 link2340 link2341 link2342 link2343 link2344 link2345 link2346 link2347 link2348 link2349 link2350 link2351 link2352 link2353 link2354 link2355 link2356 link2357 link2358 link2359 link2360 link2361 link2362 link2363 link2364 link2365 link2366 link2367 link2368 link2369 link2370 link2371 link2372 link2373 link2374 link2375 link2376 link2377 link2378 link2379
トップページ > Web 2.0 > ITとはインフォマーシャル・テクニックの略だ

ITとはインフォマーシャル・テクニックの略だ

テレビCM以上に消費を煽るなら、もうソーシャルメディアなんて要らない

自分が非社会的で反社会的な人間であるという点をすっかり忘れ、ソーシャルメディア的な潮流にながされ続けてしまいました。

ソーシャルメディアとは何かと問われれば、今現在の答えとしては、実用的ツールに偽装した「コミュニケーションの無理強い」でしかないと思うのです。

というのも、このところ人と話していて、ネットを通じたコミュニケーション過多にうんざりしている方が多すぎるような気がしたのです。

いま何が自分にとって最も必要かといえば、誰にも邪魔されない「一人の時間」と「一人の空間」であって、わざわざ自らノイズの渦中に身を投じる必要などないような気がしてきました。

そして「買え買え」という声しか聞こえてこないテレビにうんざりし、それが理由でテレビをやめた僕ではありますが、ここ最近のWEB上での広告の隆盛などを見ていると、テレビ以上にウザいと思い始めてます。

「IT」というのは「インフォマーシャル・テクニック」の略ではないかと思うほど。

そもそもミニマムライフが好きだからこそ「テレビよりインターネット」という選択だったわけで、マスコミ以上に消費を煽る状態になっていくなら話は変わってきます。

キング・オブ・ザ・ヒル(動画)」のハンクのようにまだ明るい時間に帰宅し、近所のどうしようもない連中と安い缶ビールを飲みながら楽しくやるという、そんな生活に憧れている僕にとっては、そのうちインターネットの価値は急落するかもしれませんね。

ソーシャルメディアなんてもう要らないと。

ところで件の米人気アニメ「キング・オブ・ザ・ヒル」がついに日本でもシリーズがDVD化され、近々「キング・オブ・ザ・ヒル DVD-BOX 1」が発売されるようです。

それに先駆けてスペシャルプレビューが5月に発売されていたようですが、なんと驚きの105円DVD(税込)なのです!中古じゃなくて新品定価!!

キング・オブ・ザ・ヒル・スペシャルプレビュー
キング・オブ・ザ・ヒル・スペシャルプレビュー
というわけで、何かのついでにAmazonで購入しようと思います。何かのついでじゃないと送料がかかっちゃうからね。

ていうか、消費を煽るメディアがいやだとか言いながら、こうして自らセールスマンと化しているという怖さ。小市民のブログスキルもここまで高等化してきたわけです。インターネット侮り難し!

ツッコミはもちろんソーシャルブックマークはてなブックマークでお願いします。

【関連記事】
はてなブックマークにブログのコメントをアウトソーシングした件
個人のブログは所属組織にも利益をもたらす
個人ブランディングにはテクノラティのウォッチリスト



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年10月15日 01:03

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー