link5600 link5601 link5602 link5603 link5604 link5605 link5606 link5607 link5608 link5609 link5610 link5611 link5612 link5613 link5614 link5615 link5616 link5617 link5618 link5619 link5620 link5621 link5622 link5623 link5624 link5625 link5626 link5627 link5628 link5629 link5630 link5631 link5632 link5633 link5634 link5635 link5636 link5637 link5638 link5639 link5640 link5641 link5642 link5643 link5644 link5645 link5646 link5647 link5648 link5649 link5650 link5651 link5652 link5653 link5654 link5655 link5656 link5657 link5658 link5659 link5660 link5661 link5662 link5663 link5664 link5665 link5666 link5667 link5668 link5669 link5670 link5671 link5672 link5673 link5674 link5675 link5676 link5677 link5678 link5679 link5680 link5681 link5682 link5683 link5684 link5685 link5686 link5687 link5688 link5689 link5690 link5691 link5692 link5693 link5694 link5695 link5696 link5697 link5698 link5699 link5700 link5701 link5702 link5703 link5704 link5705 link5706 link5707 link5708 link5709 link5710 link5711 link5712 link5713 link5714 link5715 link5716 link5717 link5718 link5719 link5720 link5721 link5722 link5723 link5724 link5725 link5726 link5727 link5728 link5729 link5730 link5731 link5732 link5733 link5734 link5735 link5736 link5737 link5738 link5739
トップページ > Mac, エレクトロニクス > カシオ MSXパソコン PV-7 のテレビコマーシャル

カシオ MSXパソコン PV-7 のテレビコマーシャル

佐倉しおりの名作CM、29,800円のパソコンという衝撃

「パソコンが2万9,800円になると、ブタが災難に遭います」

というのは、かなり衝撃的なキャッチコピーだったと思います。

カシオ・MSXパソコン PV-7 コマーシャル

松尾公也さんのYouTubeで見る日本のパソコンCM史にて、アイドル名不明とされていたのですが、このCMの出演者は佐倉しおり。目の下の隈が、当時のパソコンのイメージと見事に合致してましたね(なんでやねん)。

なにはともあれ、パソコンもついに小学生がお年玉かき集めて買えるようになったかと、その当時のバカな子供たちは大はしゃぎしたものです。

そもそも僕のDTV歴だってDTM歴だってMSXから始まっているわけで、この激安パソコンがなければ今ビデオポッドキャスターなどしてないかもしれません。

DTVとは言っても現在のようにHDDにキャプチャできるわけではなくて、コンポジット端子を介してビデオタイトラーとかビデオデジタイザーなど、エフェクター的な利用をするだけなんですけどね。

それにしてもMSXのカセットの仕組みというのは今思えば素晴らしい。単なるソフトウェアではなくハードウェア増設も兼ねてしまってるわけだから。

でその当時と多少前後するけどさ、コミックボンボンで、ガンダムMK IIのコクピット内の模型写真があって、なんかソラリゼーションがかかったハイザックが360°モニタに映ってたわけですよ。

誌面の下のほうに小さく、「この写真の合成は画像処理に強いアップル社のマッキントッシュで行いました」なんて書いてあってね、マッキントッシュ欲しいー!!って思ったねマヂで。

それで自分の買える範囲でようやく手にしたのがMSXなんだから、現実って残酷だね(笑)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年10月20日 01:22

» YouTubeで見る日本のパソコンCM史 from CloseBox and OpenPod
“A Brief History of Computers, As Seen i [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月20日 05:48

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー