link3796 link3797 link3798 link3799 link3800 link3801 link3802 link3803 link3804 link3805 link3806 link3807 link3808 link3809 link3810 link3811 link3812 link3813 link3814 link3815 link3816 link3817 link3818 link3819 link3820 link3821 link3822 link3823 link3824 link3825 link3826 link3827 link3828 link3829 link3830 link3831 link3832 link3833 link3834 link3835 link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941
トップページ > Web 2.0, ブログ > Vox対抗馬としてのブログ名刺ツール

Vox対抗馬としてのブログ名刺ツール

密かにブログに貼る名刺ツールに注目しています

Voxは本当に素晴らしい、今年リリースされたなかで最も美しいWebアプリケーションのひとつではないかと思います。ということで、Vox正式リリースに寄せた、いしたにさんのいいエントリー
Voxがついに正式リリース、そしてみたいもん!用ご招待ページをつくってもらいました。:[mi]みたいもん!

「冗談抜きでVoxにはブログの未来像があります」
「ブログとコミュニティの問題に対する回答」

という点にひたすら納得。ただし、

これは既にある程度続いているブログをもっている私の感想なわけです。これから!という人にはVoxはちょうどいい。

という面も確かにあり、ここまでMovableTypeやTypePadなどで自分のブログを育てて来た人にとってはちょっと寂しいかもしれない。Voxでまた同じように一からブログを育てるのはちょっとしんどい。しかしあれは本当に魅力的。

何か古参兵にも似たようなものはないのか?という事で、カイさんからブログ名刺ツール(ネームカード)という提案。
カイ氏伝: エキサイトとSo-netから「ブログ名刺ツール」

mixiが大流行している昨今、パブリッシング中心のブログにコミュニケーション要素を持ってくるってのは面白い試み
最終的に理想なのは、こうした名刺ツールを使って友達登録した相手にだけブログの記事を個別に公開・非公開にできると面白い。

例えばエキサイトのネームカードというのは、以下のような感じです。

カイさん指摘のとおり「思わずクリックしてしまいそうな要素が無い」のがまだまだ弱い点ではありますが、そう遠くない将来ネームカードのリンク先にある様々な情報を、Flash等でネームカード自体にロードできるようになる気もします。

単純にオンライン名刺サービスとしても非常に面白いので、どんどん利用者が増えていくと良いと思います。

例えば、ただの名刺をもらっても面倒なだけですけど、ネームカードのURLが記載されていると、連絡先も何もかもを自分で入力せずに一気に得ることができる等。それがQRコードなどで更に便利にゲットできたらいいんですよね。

その昔カード型CD-ROMの名刺で夢見たことよアゲイン!

あ、そうじゃなくてVox対抗の話だったね。Voxにしろネームカードにしろ潜在的にはSNS解体のための枠組みですらあるんですよね。爆発的ではないにしろ、mixiが担ってる部分を徐々に食っていくような。(そうならなくちゃ面白くないという期待の話ですけどね)

シックスアパートもとりあえずVoxはリリースしたけども、MovableTypeやTypePadのユーザーのためにネームカードに似たようなものを用意しなくちゃいけなくなるんじゃないかな?当然Voxとつながる何か。そうなるととても面白いんですけどね。

随分昔だけど、SNSなんてものはブログの一機能になっていくんじゃないかと書いたことがあって、まあその元記事を出す事はできないわけですが、何故出せないかというとmixiの既に退会したアカウントの日記に書いてあるからで、その時点でもうmixiの囲い込みからは脱出しなくてはいかんと思ってたわけで

あと、ネームカードというのはケータイとも相性が良さそうですね。ていうかケータイにどんどんコミットしていった方が勝ちだと思ってます。パーソナルデバイス×パーソナルメディアみたいな。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年10月29日 00:47

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー