link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605 link1606 link1607 link1608 link1609 link1610 link1611 link1612 link1613 link1614 link1615 link1616 link1617 link1618 link1619 link1620 link1621 link1622 link1623 link1624 link1625 link1626 link1627 link1628 link1629 link1630 link1631 link1632 link1633 link1634 link1635 link1636 link1637 link1638 link1639 link1640 link1641 link1642 link1643 link1644 link1645 link1646 link1647 link1648 link1649 link1650 link1651 link1652 link1653 link1654 link1655 link1656 link1657 link1658 link1659 link1660 link1661 link1662 link1663 link1664 link1665 link1666 link1667 link1668 link1669 link1670 link1671 link1672 link1673 link1674 link1675 link1676 link1677 link1678 link1679
トップページ > 社会・国際・政経 > 告白 チャールズ・R・ジェンキンス 著

告白 チャールズ・R・ジェンキンス 著

北朝鮮による拉致被害者 曽我ひとみさんの半生を描いたドラマを観ました

ついさっきまで日テレで放送していた「告白」という、北朝鮮の拉致被害者 曽我ひとみさんとその夫ジェンキンス氏の再現ドラマを観ていました。

放送後にPRが入っていたのですが、この「告白」という書籍をもとに構成したドラマだったようですね。
「告白」チャールズ・R・ジェンキンス著
「告白」チャールズ・R・ジェンキンス (著)

拉致被害者・曽我ひとみさんの夫の半生記
横田めぐみさんら、他の拉致被害者に関する貴重な証言も出てくる

こうして裏側を知ってしまうと改めて、本当に拉致というのは卑劣な行為だったのだと痛感するばかりですね、月並みな言葉ですけどね。僕も日本海側のほうで育ったものですから、「夜に海の近くにいると北朝鮮の工作員に拉致される」なんていう風に言われたりしたものです。

なかば冗談まじりかとも思えますけども、実際に物証があったりするので笑えなくなるわけです。しかも2001年の時点でも難なく上陸されて侵入を許しているわけです。以下、平成13年 警察白書より引用。

2001年(13年)3月、富山県黒部市の黒部川河口で、1990年(2年)に福井県の海岸で発見された北朝鮮工作員が密入国するために使用したとみられる水中スクーター様の物と極めて類似した物が発見された

平成13年4月7日(土) 北の水中スクーターより

富山県の黒部市の黒部川河口の砂地で3月29日に見つかった不発弾のような物体は、北朝鮮の水中スクーターだということがわかったと今日の新聞、ラジオで報道されていました。前部には取っ手があり、スクリューやバッテリーも付いていたとのこと。夜の闇にまぎれて、富山湾の沖で船からおり、海中をこのスクーターにつかまって北朝鮮の工作員が黒部の地に上陸したのでしょうか?まだ寒い海を決死の思いで不法入国するための使命とはいったいなんなのでしょうか?いずれにしろ、怖い話です。小さい頃聞かされた、人さらいの話は現実にあったことなんだ、そして夜中に海辺を散歩するのはためらわれる、そんなの日本海側にすむ者のとりこし苦労かな??

黒部川河口といえば僕の友人の実家がすぐそばで、僕もよく釣りに行ったり、夜の海辺で花火なんかして遊んだものです。ごく身近に感じられるところにもそんな脅威が存在することに驚かずにはいられません。冗談抜きでチーム★アメリカの出動を要請したくなります。

チーム★アメリカ ワールドポリス
チーム★アメリカ ワールドポリス



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年1月 9日 23:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー