link1960 link1961 link1962 link1963 link1964 link1965 link1966 link1967 link1968 link1969 link1970 link1971 link1972 link1973 link1974 link1975 link1976 link1977 link1978 link1979 link1980 link1981 link1982 link1983 link1984 link1985 link1986 link1987 link1988 link1989 link1990 link1991 link1992 link1993 link1994 link1995 link1996 link1997 link1998 link1999 link2000 link2001 link2002 link2003 link2004 link2005 link2006 link2007 link2008 link2009 link2010 link2011 link2012 link2013 link2014 link2015 link2016 link2017 link2018 link2019 link2020 link2021 link2022 link2023 link2024 link2025 link2026 link2027 link2028 link2029 link2030 link2031 link2032 link2033 link2034 link2035 link2036 link2037 link2038 link2039 link2040 link2041 link2042 link2043 link2044 link2045 link2046 link2047 link2048 link2049 link2050 link2051 link2052 link2053 link2054 link2055 link2056 link2057 link2058 link2059 link2060 link2061 link2062 link2063 link2064 link2065 link2066 link2067 link2068 link2069 link2070 link2071 link2072 link2073 link2074 link2075 link2076 link2077 link2078 link2079 link2080 link2081 link2082 link2083 link2084 link2085 link2086 link2087 link2088 link2089 link2090 link2091 link2092 link2093 link2094 link2095 link2096 link2097 link2098 link2099
トップページ > Web 2.0 > ウェブ進化論の次の共通言語が必要だ

ウェブ進化論の次の共通言語が必要だ

「理解の差」ではなく「スピード感の違い」を

もはや読んでない人はいないとまで思われる「ウェブ進化論」ですが、これを読んだ際の感想として

「あっちとこっちに共通言語を提供してくれたという意味で非常に良い本だと思う」と過去に書いてました。
(▼ウェブ進化論とニュータイプ理論と量子宇宙干渉機

「あっちとこっち」というのは所謂「あちら側」と「こちら側」のことではなくて、互いに相容れ難かった関係のこと。そこに共通言語をもたらしたという意味でとても有益なものだと思いました。

結局のところWeb 2.0というのは実践/体験していくしかないものであって、そうでない人々に対してもその重要性をトランスレーションして一時的に理解させたというのが「ウェブ進化論」です。

しかし、あれから半年以上が過ぎて物足りなくなってきた感がありますよね。また別の共通言語が必要になってきました。

さらなるWeb 2.0体験を積んだ人と、やはりそのままだった人とでは、大きな差が生まれていると実感しています。

そんな両者の議論など噛み合うはずもなく、なぜなら体験なくしては理解しえないことだらけでして、その議論や説明で時間を無駄に費やすよりは、一行でも多くのエントリーかコードを書いておきたいというのが本音ですよね。

今度は「理解の差」を埋めるのではなく、スピード感の違いを是正する目的のものが必要です。動き始めていますからね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年11月 2日 02:57

» Webで事件はデイリーで起きているということ from [mi]みたいもん!
一時期スランプだったJDがここのところ調子いいようです。 リンク: ウェブ進化 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月 2日 16:46

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー