link2100 link2101 link2102 link2103 link2104 link2105 link2106 link2107 link2108 link2109 link2110 link2111 link2112 link2113 link2114 link2115 link2116 link2117 link2118 link2119 link2120 link2121 link2122 link2123 link2124 link2125 link2126 link2127 link2128 link2129 link2130 link2131 link2132 link2133 link2134 link2135 link2136 link2137 link2138 link2139 link2140 link2141 link2142 link2143 link2144 link2145 link2146 link2147 link2148 link2149 link2150 link2151 link2152 link2153 link2154 link2155 link2156 link2157 link2158 link2159 link2160 link2161 link2162 link2163 link2164 link2165 link2166 link2167 link2168 link2169 link2170 link2171 link2172 link2173 link2174 link2175 link2176 link2177 link2178 link2179 link2180 link2181 link2182 link2183 link2184 link2185 link2186 link2187 link2188 link2189 link2190 link2191 link2192 link2193 link2194 link2195 link2196 link2197 link2198 link2199 link2200 link2201 link2202 link2203 link2204 link2205 link2206 link2207 link2208 link2209 link2210 link2211 link2212 link2213 link2214 link2215 link2216 link2217 link2218 link2219 link2220 link2221 link2222 link2223 link2224 link2225 link2226 link2227 link2228 link2229 link2230 link2231 link2232 link2233 link2234 link2235 link2236 link2237 link2238 link2239
トップページ > mixi・SNS考察 > ミクシィは対EZ GREE戦争をやるつもりだ

ミクシィは対EZ GREE戦争をやるつもりだ

実質mixiモバイルの機能を強化する策に出た

モバイルSNS「EZ GREE」が発表された翌々日、最大の競合であるミクシィが「mixiプレミアム・mixiの登録方法に関するお知らせ」を掲載しました。

要はプレミアム会員でなくともモバイルメッセージ機能が使え、そしてなんとケータイからも会員登録が出来るようになるというもの。どちらも12月初旬に提供開始の予定。明らかにEZ GREEへの対抗策に見えます。

SNSが乱立した2004年頃、複数SNSのアカウント・アグリゲーション・サービスの登場が待ち望まれた時期もありました。が、いつまで待ってもそんなものは登場せず、結局は一番使いやすく盛り上がっていたmixiにユーザーが集中し、現在のmixi一人勝ち状態に至ったという感じです。

次々に競合サービスが閉鎖するなか、GREEはよくここまでmixiを相手に戦って来たなという印象です。しかしGREE Night(交流会)の例をみても、GREEはいつも最初だけ派手にぶち上げて盛り上げますが、後が続かないという悪癖があるように思えます。

今回もKDDIと共に話題性の高いニュースを振り撒きましたが、その裏でmixiはひっそりと大人しくモバイル機能強化を発表しているのです。これってGREEにとってはかなり恐いことですよね。派手なニュースなど必要ないというmixiの自信の現れでもありますから。

もしくはmixiは、そのあとさらに「何か」を用意しているのかもしれません。
ケータイの絵文字が使える、18歳以下の登録を解禁する、といったことになればEZ GREEが大苦戦するであろうことは容易に想像できます。

ちなみにモバゲータウンも昨日、ちょっとだけ機能強化を発表しています。

さあ、これからのSNSは本格的にケータイというプラットフォームへ主戦場を移すことになりそうです。第二次SNS大戦の始まりです。ワクワクしますね。

mixiモバイル・・・ティターンズ
EZ GREE・・・エゥーゴ
モバゲータウン・・・ネオジオン

という感じで三つ巴の戦いが中心になるかと思いますが、想定外の伏兵の登場も期待してしまいますね。

あ、イメージ的にはエゥーゴとティターンズは逆かな?(笑)

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-

【関連記事】
リア充とiPod的な情報流通による脱コミュニケーション
Vox対抗馬としてのブログ名刺ツール
CGMの時代は終わった
モバゲータウン急成長中!
SNSに子供を入会させろ!早いうちに耕せ!U18を逃すな!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年11月 3日 01:16

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー