link5256 link5257 link5258 link5259 link5260 link5261 link5262 link5263 link5264 link5265 link5266 link5267 link5268 link5269 link5270 link5271 link5272 link5273 link5274 link5275 link5276 link5277 link5278 link5279 link5280 link5281 link5282 link5283 link5284 link5285 link5286 link5287 link5288 link5289 link5290 link5291 link5292 link5293 link5294 link5295 link5296 link5297 link5298 link5299 link5300 link5301 link5302 link5303 link5304 link5305 link5306 link5307 link5308 link5309 link5310 link5311 link5312 link5313 link5314 link5315 link5316 link5317 link5318 link5319 link5320 link5321 link5322 link5323 link5324 link5325 link5326 link5327 link5328 link5329 link5330 link5331 link5332 link5333 link5334 link5335 link5336 link5337 link5338 link5339 link5340 link5341 link5342 link5343 link5344 link5345 link5346 link5347 link5348 link5349 link5350 link5351 link5352 link5353 link5354 link5355 link5356 link5357 link5358 link5359 link5360 link5361 link5362 link5363 link5364 link5365 link5366 link5367 link5368 link5369 link5370 link5371 link5372 link5373 link5374 link5375 link5376 link5377 link5378 link5379 link5380 link5381 link5382 link5383 link5384 link5385 link5386 link5387 link5388 link5389 link5390 link5391 link5392 link5393 link5394 link5395 link5396 link5397 link5398 link5399 link5400 link5401
トップページ > グルメ・食文化 > 伝統は守るべからず、創るもの。薩摩揚げとラーメンに学ぶ

Symbols cliparts on PhoPng.

伝統は守るべからず、創るもの。薩摩揚げとラーメンに学ぶ

築地の練物屋、佃權(つくごん)の薩摩揚げ「千代田」最強

築地にあるという練り物屋さん「佃權(つくごん)」が、二ヶ月に一度くらいの割合で、近所のクィーンズ伊勢丹に出店するのです。

最初はただなんとなく試食してみただけだったんですけども、これがなんともツボにハマる味でして、見かけるたびに買うようになってしまった次第です。

僕の「薩摩揚げ感」を根底から覆したのがコレ。「千代田」と名付けられた、握りこぶし大の薩摩揚げ
千代田

薩摩揚げといえば、おでんに入ってるのを引き当ててしまうか、おばあちゃんが数日前に煮しめた鍋から出してポソポソと食べているモノだとばかり思っていましたが、この「千代田」はまるでそんな感じではないです。

練物には違いないのですが、中に入っているのは大きめに微塵切りしたタマネギ。外側にはベーコンを巻いてあるというものです。
つくごん

ベーコン(肉汁)とタマネギで、しかも「揚げもの」ですから当然、具の相性はとてもよろしいですね。

オニオンチーズブレッドというパンがありますけども、ああいう感じのタマネギ食感ですかね。癖になります。

しかも握りこぶし大の練物ですから、この千代田を一個食べれば、ハンバーグ2個食べたくらいの満足感は得られます。

薩摩揚げと言っても工夫次第で色々できるものだと痛感させられた作品です。

ちょっとググってみましたら、ここの社長、とても良いこと仰ってるんですわ。
?佃權のご紹介

煉り製品はクリエイティブにものを作っていけるもの。伝統は守るべからず、創るもの!

すごいね!
練り製品なんてずっとずっと昔から変わらない姿のものだと思っていたし、ひとつの味をずっと守り続ける保守的な姿勢こそが「伝統」というものだと思ってました。

変わっても、変えてもいいし、創造しちゃってもいいんですよね。

練物ではなくラーメンの話になりますが、荻窪の春木屋の(漫画にもなった)エピソードにも似たようなものがありますよね。探してみたところ、こちらのページにその話が書いてありました。

食糧事情が良くなるにつれ、お客様の舌もおのずと肥えていくものです。同じ味を出し続けていれば?味が落ちたといわれるのは当然です。だからこそ常日頃から味の研究を重ね、時代の変化とともにベースとなる味は変えずに、お客様に分からないように少しずつ味を変えてきました。これを続けることによって初めて?いつも変わらなく美味しいねと言われるのです
自分が毎日食べて飽きるものを、お客さんに出せるわけない

変わらないことは変わり続けること。

時流に合わせ、常にアップデートし続ける。これこそが「変わらない」ように魅せる秘訣ですね。


すごい考え方 ハワード・ゴールドマン 著
すごい考え方 ハワード・ゴールドマン (著)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年1月10日 18:32

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー