link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684 link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729
トップページ > Logic Pro > フォルマントを変更して別人の声にする

Строительство. arselap.com. Variegated clipart on PhoPng.

フォルマントを変更して別人の声にする

Logic Proのボーカルトランスフォーマーを使えば、簡単に別のキャラクターや違う性別の声に出来ます

ストリップサイレンスで一気に無音部分を分割、削除からの続きです。

今度は、分割したリージョンを登場人物ごとに、別々のトラックに割り振ってやります。
060126_logic08.jpg
最上段1トラック目が作品タイトルのナレーション、2トラック目は男性キャラクター、3トラック目は女性キャラクターの声という風に、リージョンを配置しました。

なぜこうするかというと、今回はたった一人で3人分の声を当てたので、それぞれのキャラクターごとにフォルマントやピッチを変更して、別人の声に聞こえるように加工するためです。

声質の加工にはボーカルトランスフォーマー(Vocal Transformer)プラグインを使用します。
Vocal Transformer

各トラックにボーカルトランスフォーマーを掛けて、フォルマント(声質)とピッチ(音程)をそれぞれ違う値に変更します。男声を女声っぽく聞かせるためには、フォルマントを+4、ピッチを+12(1オクターブ上)くらいに設定すると良いです。

ただし、ピッチを1オクターブ上げるということは、ノイズもあわせて1オクターブ上がるわけですから、平常時では耳につかなかった低音域の雑音までもが聞こえるようになってきます。また、フォルマントを上げると、いわゆるケロケロ声になりがちです。ゆえに、これはあまり音質的には期待しない方が良いでしょう。

この場合の完全なノイズ回避は無理ですが、ある程度の防止策としては、適切なイコライジングとDeEsserにより耳障りな歯擦音を抑えることで、いくらか聞きやすくはなります。

今回は、タイトル部分のナレーションにはダースベーダーのような効果を、男声はあまり手を加えず、女声はピッチ+14、フォルマント+6に設定して、全く違う声の人物が会話している風に聞こえるようにしました。

また、他にも様々なフィルタ、エフェクトを使用して、音声を調整してやりましょう。コンプレッサー、リミッター、EQなどを上手く利用すれば随分と聞きやすい状態になります。

人物の立ち位置などに合わせて、パンニングもしてあげると良いでしょう。移動する被写体があるなら、SEも移動に合わせて振ってやると良いですね。Logic Proなら5.1chと言わずそれ以上のチャンネル数のサラウンドもミックスできますから、多彩な音場の演出が可能です。

さあ、ここまでで出来上がったムービーをご覧下さい(要:QuickTime 7以上)。
セリフ設定完了ムービー
キモ井くんとワロ田さん(台詞トラック作業完了)

いかがでしょうか?
まだこれで完成というわけではありませんので、次回「Apple Loopsで動画にBGMをつける」へ続きます。

« | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | »


BASIC MASTER Logic Express7
BASIC MASTER Logic Express7

Logic Pro 7 for Mac OS X 徹底操作ガイド THE BEST REFERENCE BOOKS
Logic Pro 7 for Mac OS X 徹底操作ガイド THE BEST REFERENCE BOOKS



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年1月26日 15:20

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー