link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773
トップページ > Web 2.0 > Apple LoopsとWeb 2.0の虫瞰視

Apple LoopsとWeb 2.0の虫瞰視

Web 2.0が嫌われる理由とGrageBnadでちょっと考えた

ちょっと前の記事になりますが、梅田望夫さんの「Web 2.0が嫌われる理由」が面白かったです。嫌われるかどうかは別として、立場によっちゃそういう風にもなるなと。

鳥瞰的視点で新しいシステム全体を面白がるタイプの人は、どちらかというと「Web 2.0」を面白いと思い、虫瞰的視点を大切に思う人からすると「Web 2.0」的方向が全体を支配する雰囲気は絶対に許せない

これを今さら持ち出してくるのは、GarageBand 3を弄っていたから。

プロが作成したPodcastサウンド

ここで言う「プロ」がまさに虫で、GarageBand 3で作曲家になったつもりになって楽しんでいる人は鳥ですね。

Hip Hopでもテクノでもいいんだけど、DJとか、サンプリングというかマッシュアップというスタイル自体というか、その手のものでも同じです。

たまにDJさんが自分で作ったMixのCDあげますとか言ってるの見ると、他人の曲つないで我が物顔になってるのは何か薄ら寒いというか。

ガンダム0083でいえば、河森正治氏は主役メカのデザインをしているにも関わらず、オリジナルの世界観を作り上げた大河原邦男氏を気遣い、奥ゆかしく「メカニカルスタイリング」というクレジットに留まっています。

対して、カトキハジメ氏はそんなことはなく、堂々と「メカニカルデザイン」としてクレジットされています。

このへんの世代差が面白いと思うんですよね。モビルスーツのデザインなんて、半ばオープンソースのようなものですけど、マッシュアップを善しとするか、二次創作よりオリジナルを尊重するか。

二次創作をもって「創造行為」のメインストリームとしてしまうことの危険性はあります。

いや、Web 2.0は面白いですよ、否定もしないです。

ただ、我々が次の世代に二次創作しか教えられなくなってしまっては、新しいGarageBandのループは一体誰が作るのだ?というわけです。

でも、もしかしたら、オリジナルを創出する必要がなくなってきたのかもしれないですし。

音楽業界でいえば、もはやカバーとパクリとサンプリングだけで成立しているようなものですよね。

人類史的に、ここまでで蓄えられた資産を、より価値のあるものにリミックスしてゆくというステップに移行したのかもしれない、とすら思ってみたり。

となると、近代芸術史の系統樹に名前を刻むのはAppleやGoogleになるんでしょうか。ちょっと違和感ありまくりですが、それが真実かもしれない。


スティーブ・ジョブズ-偶像復活
スティーブ・ジョブズ-偶像復活

ザ・サーチ グーグルが世界を変えた
ザ・サーチ グーグルが世界を変えた



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年1月29日 11:48

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー