link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729 link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821
トップページ > エンターテインメント > 星を継ぐもの ジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの ジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐ者と、飛鳥昭雄と、ヤハウェとか

久々にSF小説というのを読みました。しかも名作。Zガンダムの映画第一作の副題はこの古典SFからとられているわけです。

星を継ぐもの ジェイムズ・P・ホーガン
星を継ぐものジェイムズ・P・ホーガン 創元SF文庫

サイエンスフィクションとしてカテゴライズされつつも、周到な謎解きを用意したミステリー小説でもあり、主人公たちがどのように謎を解いていくのか、先が気になって気になって仕方ないので、寝ずに一気に読破してしまうほどの面白さでした。

ちなみに装画はスタジオぬえ加藤直之氏(ハインライン「宇宙の戦士」のパワードスーツを描いたお方)

以下ネタバレ含む

スタジオぬえと言えば超時空要塞マクロスですけども、この「星を継ぐもの」にも巨人の異星人が登場しますし、地球人類の歴史にも深く関わっているということで、これもマクロスの原点のひとつになるのかなと感じました。

ちなみに三部作のようなので、機会があれば続編も読んでみたいです。

それはさておき、サイエンスエンターテイナーというかトンデモ本の作者というか、飛鳥昭雄さんの著書もこれの影響を大きく受けているのだなと感じました。月にまつわるあれこれ、アステロイドベルトにあった惑星などなど。

太陽系第12番惑星ヤハウェ?太陽の向こうに隠れながら公転する「反地球クラリオンは実在した!!とか

月の謎とノアの大洪水?未曾有の天変地異を引き起こした幻の氷惑星「天体M」の正体を暴く!!など、

飛鳥氏の論はとてもぶっ飛んでて面白いですが、そういう諸々のことがらの下地が「星を継ぐもの」にあるわけです。

【関連記事】
MG ΖガンダムVer2.0発売、そしてHCM-Pro23 Ζガンダム
Zガンダム映画版「星を継ぐ者」はDVDで観ると違和感が少ない



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年2月 8日 02:05

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー