link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817 link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931
トップページ > ビデオブログ・ポッドキャスト > ブロガーにとってのポッドキャスティングとは何なのか?

ブロガーにとってのポッドキャスティングとは何なのか?

ポッドキャストとはIDをIPに乗せることだった

06年02月14日付「ブログ断筆マラソンのお知らせ」にて、42.195日のあいだ、ポッドキャスト以外のエントリーを断筆する旨宣言しましたが、哲学的にはひとつの帰結を見ましたので、ここで断筆を解くことをご報告いたします。

単なる断筆ではなく、ポッドキャストのみは続けたという点で、大いに実りあるものだったように思います。

結論から言うと「ポッドキャストとはIDをIPに乗せることだ」というのが今日現在の認識です。ちょっと意味がおかしいかもしれないですが、語呂的に良いのでそういうことにしておきます。

例えば、僕とネタフルのコグレさんとは元同僚でして、ネタフルというブログが生まれる以前からの知り合いです。

「有名ブロガーになってからの彼」と知り合った方々にとっては、恐らく「ネタフルのコグレマサト」という認識なのではないかと思います。が、僕のなかでは「コグレマサトのネタフル」という順列になっています。

しかし本当に彼があのブログを書いているかどうか証明できるかというと難しいですね。文体以外に当人かどうか推測する手段が無い。もしかするとゴーストライターが10人くらいいるのかもしれない。いやまあ、そんなことは無いでしょうけどね。

で、話は変わって、FPNの徳力さんと初めてお会いしたのはmixiのオフ会だったのですが、ブログに載ってる写真の顔と同じだったので、「あ、あの人じゃん」と気付いてこちらから声をかけてみました。当人の写真かどうかも分からない状況ですが、おそらく当人だと推定してました。

また話は変わりますが、成り行きでGoing My WayのKengoさんにスカイプコールしました。(スカイプとUSBカメラとヘッドセット参照)

まったく面識ないのですが、ヘッドフォンから聞こえる声はまぎれもなくKengoさんなのだと実感できました。

なぜなら彼のポッドキャストと全く同じ声だったから。

という諸々を踏まえて、じゃあポッドキャストって何だよ?と問われれば、少なくともブロガーがブログ上でテキスト以外のエントリーとして配信する分には「存在証明」そのものなのではないかという結論です。

もちろん無声の自作CGとか、自作インスト曲なんてのを配信するぶんには存在証明ではないと思います。

ユニークな声紋で、ユニークな容姿で記録した音声や映像を配信するという場合に限ります。

まあ、顔は整形で変えられますけどね。声紋に関しては限りなくユニークですよね。

Kengoさんのお顔は拝見したことが無いのですけども、声は明らかにKengoさんだったと言うしかありません。コグレマサトが10人いるかもしれないという疑惑や、本物の徳力さんはあんなに顔が長くないかもしれないという疑惑は生じません。(多々失礼ご容赦下さいw)

言い換えると、ポッドキャストで自声を配信するというのは、テキストのみでブログを配信するほどの匿名性は得られないということになりますね。

責任感も変わりますし、訴える力も大きく変わると思います。

あなたのブログが真に信頼できるメディアとなるには、ポッドキャストの併用が不可欠になるかもしれませんね。

<余談>
検索エンジンが早急に音声解析に対応してくれるよう願って止みません。
</余談>



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年3月17日 06:32

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー