link5256 link5257 link5258 link5259 link5260 link5261 link5262 link5263 link5264 link5265 link5266 link5267 link5268 link5269 link5270 link5271 link5272 link5273 link5274 link5275 link5276 link5277 link5278 link5279 link5280 link5281 link5282 link5283 link5284 link5285 link5286 link5287 link5288 link5289 link5290 link5291 link5292 link5293 link5294 link5295 link5296 link5297 link5298 link5299 link5300 link5301 link5302 link5303 link5304 link5305 link5306 link5307 link5308 link5309 link5310 link5311 link5312 link5313 link5314 link5315 link5316 link5317 link5318 link5319 link5320 link5321 link5322 link5323 link5324 link5325 link5326 link5327 link5328 link5329 link5330 link5331 link5332 link5333 link5334 link5335 link5336 link5337 link5338 link5339 link5340 link5341 link5342 link5343 link5344 link5345 link5346 link5347 link5348 link5349 link5350 link5351 link5352 link5353 link5354 link5355 link5356 link5357 link5358 link5359 link5360 link5361 link5362 link5363 link5364 link5365 link5366 link5367 link5368 link5369 link5370 link5371 link5372 link5373 link5374 link5375 link5376 link5377 link5378 link5379 link5380 link5381 link5382 link5383 link5384 link5385 link5386 link5387 link5388 link5389 link5390 link5391 link5392 link5393 link5394 link5395 link5396 link5397 link5398 link5399 link5400 link5401
トップページ > Handycam, Web 2.0, ビデオブログ・ポッドキャスト > ロケットブームはiMovieで制作されていた!

דירה דיסקרטית

ロケットブームはiMovieで制作されていた!

Nスペ放送記念日特集は、ビデオポッドキャスター必見の内容だった!

さきほど放送されていたNHKスペシャル 放送記念日特集、二夜連続のうちの第一夜目「テレビとネット、アメリカ最前線リポート」というのを見ました。

ロケットブームのアマンダ・コンドンと、名前は失念しましたがもう一人制作の方が出てまして、常々あの人気ビデオキャストの裏側を知りたかった僕としては、そりゃもう食い入るように見てしまいました。

3分の尺の番組を、2時間で制作して配信するとのことです。

で、使用してるツールがPowerMacに入れたiMovie。撮影カメラはソニーのハンディカムVX2100かな。

MacBook ProiLife '06

というわけで、恐ろしくチープに番組作りが出来るわけですが、それでもイーベイで付いた75秒の広告枠が460万円!それなりに凝ったCMを作ってましたけど、でも粗利率99%くらいあるんじゃないかな。

なんか、そういうの見て自分と比べると、ちんたらと笑いのネタ仕込んでるだけじゃイカンなと思えましたね。それはそれで大切だけど、そろそろ次のステップに行動を移さないといけないというか。

そうそう、Nスペの内容ですごく気になったのですが、梅田望夫さんのウェブ進化論を、NHK在米支局の方がそのまんま引用しちゃってると思われる箇所がありました。「玉石混淆のなんたらかんたら」ってな具合です。やっぱり共通言語を提供してくれた本なんだなと再認識しました。

放送記念日特集なのに自らに捧ぐレクイエムのようにも映ったのが面白いところです。もうちょっと素直な描き方が出来るんじゃないでしょうかね、この期に及んで自己弁護とか自己擁護みたいなものはかっこわるいです。

そもそも、タイムシフトしようがダウンロード型になろうが、放送ってのは放送だし、テレビはテレビだと思うんですよね。何を恐れているのやら。

などなど感じつつも、やっぱりNスペは面白いわけで、特に僕みたいなナンバーワンポッドキャスターの人たちにとっては必見の内容だったです。

まとめたいのですが、まとめるにはあまりに面倒というか、そもそもまとめる必要がないというか。

なぜ必要がないかというと、僕らブロガーは散々そんなことブログで論じ合ってたので、テレビ番組にされなくても既に体感済みというか。だからNスペは再確認というか、復習みたいなものですね。新発見自体はとくにナシ。

というわけで、明日の夜のNスペは「徹底討論 テレビは誰のものか」という内容で、生討論が放送されるようです。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年3月20日 20:59

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー