link4247 link4248 link4249 link4250 link4251 link4252 link4253 link4254 link4255 link4256 link4257 link4258 link4259 link4260 link4261 link4262 link4263 link4264 link4265 link4266 link4267 link4268 link4269 link4270 link4271 link4272 link4273 link4274 link4275 link4276 link4277 link4278 link4279 link4280 link4281 link4282 link4283 link4284 link4285 link4286 link4287 link4288 link4289 link4290 link4291 link4292 link4293 link4294 link4295 link4296 link4297 link4298 link4299 link4300 link4301 link4302 link4303 link4304 link4305 link4306 link4307 link4308 link4309 link4310 link4311 link4312 link4313 link4314 link4315 link4316 link4317 link4318 link4319 link4320 link4321 link4322 link4323 link4324 link4325 link4326 link4327 link4328 link4329 link4330 link4331 link4332 link4333 link4334 link4335 link4336 link4337 link4338 link4339 link4340 link4341 link4342 link4343 link4344 link4345 link4346 link4347 link4348 link4349 link4350 link4351 link4352 link4353 link4354 link4355 link4356 link4357 link4358 link4359 link4360 link4361 link4362 link4363 link4364 link4365 link4366 link4367 link4368 link4369 link4370 link4371 link4372 link4373 link4374 link4375 link4376 link4377 link4378 link4379 link4380 link4381 link4382 link4383
トップページ > IT, Internet > 影響力あるブロガーが少ない「WEBデザイナー」という職種の件

影響力あるブロガーが少ない「WEBデザイナー」という職種の件

たくさんのレスポンスありがとうございました。

ブログとWEBデザイナーは相反する関係なのかもというのを書いたところ、はてなブックマークに沢山コメントを寄せて頂き、トラックバックも頂きましたので、気になったものをピックアップしてみたいと思います。

MIZさんのはてブのコメント『GUIだけでCSSベースのデザインが作れるようにならない限りCSSに馴染めません。』

これまさに前回指摘した点ですよね。「CSSベースのデザイン」云々なんて話が出て来る時点で、やはりデザインという面でしかWEBサイトをとらえていない人には、デザインがすべてになってしまっているのかもしれません。

ウェブログのウェブログたる所以はデザインではなくてログですから、RSSリーダー等でデザインを外して読んだ際でも「そのブログ」として存在できるという事です。コンテンツ命。

ましてや、ブログサービス利用者の多くが服を着替えるようにデザインテンプレートを乗り換えていく様を目の当たりにしてしまえば、どこにブログの本質があるかという点はわざわざ言うまでもないですよね。

あまり関係ない内容のエントリーではありますが、小鳥ピヨピヨ(a cheeping little bird): 新しいテンプレできたよに書いてある、

誰かが言いました。「テンプレとは作るものではない。見つけるものだ」と。

という一文がそれを物語っていると思います。

で、今回はてダやトラックバック頂いた中で、最もブログやってて良かったと感じた涙モノのエントリーがこちら。
Web関係者の中でのWeb2.0デバイド : DESIGN IT! w/LOVE

Web2.0とかブログって体験してみないとわからない部分が多いのだ。 例えば、それはいわゆる祭りだったり、あるエントリがはてブでたまたま人気エントリになったりした際のアクセスの集中だとか、amazonのアフィリエイトがどれだけ労力がいって、どうすると売り上げが上がるかとか。

こうして具体例を出せば出すほど「だからなに?」と思う人も増えるかもしれないですけど、でも、そういうことなんですよ。これをありのまま「重要なこと」として受け止めてもらうしかない。

もし貴方が知らないとしたら貴方が仕事で関わるクライアントをどれだけWeb2.0的な世界への入り口から遠ざけてしまっているのか、わかっているだろうか? そう。ブログやRSSやAjaxなどを技術的にわかっているだけではダメなのだ。

ですね。本当にそう思います。

で、僕自身もWEBデザインには大いに携わる立場にあって、2003年頃からお客さんにはブログ開設も薦めたりしてますよ。でも自分で始めたのは2004年後半です。

ピンと来なかったんですよ。自分のブログってどういう風なデザインにしたら良いものか。

サーバ借りてドメインも取ったりしてMTの設置も済んでたのですが、これといったデザインに至らずダラダラと1年ほど経過しつつあった頃、ネタフルのコグレさんから「デザインはどうでも良いから、とりあえずブログ書いてみろよ」と言われて、書き出したのがこのブログです。

そのまま『おまえ、ほんまにWEBデザイナーか?』などと人から言われつつ、ぐだぐだなテンプレのままブロギングを日々続けているわけですw

どうも日常的にWEBデザインなんかに関わってると、先にも書いたようにデザインとサイトが等価に見えてくるんです。そこを価値転換できるコグレさんの一言のようなものがあったので、すごく助かったという気持ちは大きいです。

WEBに携わる職業のなかでWEBデザイナーというのは決して少なくないと思うのですが、ブロガーの集まりに顔を出すとWEBデザイナーの人はほとんどいない。逆にWEBデザイナーの集まりに行くと有名なブロガーさんがまるでいない。

そういう状況ってすごく変だと感じているので、今度は僕が誰かの背中を押せたら良いなと思って、このエントリーを書いてみました。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年4月23日 01:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー