link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605 link1606 link1607 link1608 link1609 link1610 link1611 link1612 link1613 link1614 link1615 link1616 link1617 link1618 link1619 link1620 link1621 link1622 link1623 link1624 link1625 link1626 link1627 link1628 link1629 link1630 link1631 link1632 link1633 link1634 link1635 link1636 link1637 link1638 link1639 link1640 link1641 link1642 link1643 link1644 link1645 link1646 link1647 link1648 link1649 link1650 link1651 link1652 link1653 link1654 link1655 link1656 link1657 link1658 link1659 link1660 link1661 link1662 link1663 link1664 link1665 link1666 link1667 link1668 link1669 link1670 link1671 link1672 link1673 link1674 link1675 link1676 link1677 link1678 link1679
トップページ > Web 2.0 > 徳力メソッドというブログの書き方

сайт скачать видео купить генератор. Top Flix filmes online

徳力メソッドというブログの書き方

徳力さんのエントリーを見習え

FPNの徳力さんのエントリーの書き方を、密かに徳力メソッドと呼んでいます。

徳力メソッドとはどういうものか?というと…

  1. タイトルで言いたい事は語り尽くしてしまう
  2. 本文は単に思い付いたことをつらつらと。
  3. 締まらない締め方、何もまとめずに終わる

という様式のものです。こう書くと「隙だらけのエントリーを書く人」に見えてしまうのですが、実際ある部分ではそういう見せ方を意識的に行っているようです。

以前、ある学生起業家さんが「ネットでは、知らないフリをしていると、求めていたこと以上の情報が勝手に入って来るんですよ」と仰ってました。

●おっさんは本質的に無駄な議論と説教するのが大好き。
●ヲタやギークは専門分野の知識をひけらかしたがる。
●コミュニティには一定割合で揚げ足取りの好きな連中がいる。

という事を上手く利用してやれば良いのです。徳力メソッドでブログを書くと、上記のような方々が大勢寄って来て、はてブでコメントしたり言及トラックバックしてきたりで、アッという間に多数のツッコミが入り、あらゆる間違いは訂正され、足りない知識は必要以上に補われます。

そして、被リンクも沢山得られてウマーなのです。

じつは、至極まっとうな正論を理路整然とスマートにズバッと書き切っているようなエントリーは、書き終えた後の満足感こそあれど、読者からはスルーされやすいです。

そんなことより、Life Hackや何かのTipsやちょっとしたトリビアでも書き逃げしている方が、トラバされたりブクマされる率は高いです。しかしまあ、そんなネタは一週間のうち何本も書けるものじゃないですよね。

しかし徳力メソッドなら、より少ない労力で同程度の反響が得られます。

ひょっとして、これが俗に言う「集合知」ってやつですか?徳力メソッド最強?

というわけで、これからは大いに徳力メソッドを取り入れつつブロギングに勤しみたいと思っていた矢先、思わぬライバルが現れたのです。次回「nobunagaouメソッド最強説」へつづく…

【関連記事】
徳力さん度チェックをやってみました



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年5月 7日 14:01

» やはりWebは「ボケ」であった。 from 広告β
いろいろと他人のブログなど拝見していたら、先日エントリしたとおり、 Webのプランニングはボケが重要であることが明らかになりました。 こちらをご覧… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年8月20日 23:11

» 徳力メソッドを少し実践してみつつ、山根一眞氏の考えに異論をさしはさむ from シリアルイノベーション
永井さんが 「『みんなの意見』は案外正しい」のであって、「絶対正しい」のではない [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年9月14日 12:39

» Blogエントリにはあえて隙だらけのエントリを書こう! from typeangler
議論・質問・フィードバックを得やすいという点で この書き方は面白いと思います. 炎上とか揚げ足取りが怖くて 結構スキのないエントリを書こうとしてしまい… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年4月12日 10:10

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー