link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941 link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972
トップページ > Web 2.0 > nobunagaouメソッド最強説

nobunagaouメソッド最強説

徳力メソッド史上最大のライバル登場、それがCNET読者ブログ「web2.0とブログの可能性」のnobunagaou氏

前置き:
徳力メソッドのライバル登場について、さっさと書き逃げしようかと思っていたのですが、睡魔に襲われ爆睡してしまい、はてブをチェックしたら既にバレちゃってるような気がしました…


さて、結論から言ってしまうと、個人的に徳力メソッドのライバルと見ているのは、既に予想されている通りnobunagaou氏です。
(リンク:web2.0とブログの可能性

という事に気付かせてくれたのが同じCNET読者ブログのF's Garage typeC「Web2.0とか3.0とか

他の読者blogと比べて一番面白い。個人的にはWEB2.0とか3.0とか言わなきゃ、かなり面白い。
・WEB2.0と言う言葉は使い方に注意。理屈を無理矢理あてはめようと展開するから突っ込まれる。
(中略)
そもそもこちらとしては、もはや「****2.0」という言葉はギャグに近い表現なのだ。

確かにnobunagaou氏のブログは面白いです。あらゆる角度から見て面白い。だって(上記引用に従えば)ギャグに近いんだから。

そして「Web 2.0」というキーワードを意識的に乱発してしまうあたりが狡猾だと思います。さらに「Web 3.0」などと安直に書いてツッコミを待っているというスタイル。実際この「Web 3.0」という言葉に釣られてしまう人も少なくないでしょ?失笑を買うだけで終わってはいないのです。

世の中的には多くが荒れ気味のリアクションであれ、Google的には人々の賛否など関係なく、機械的に数値を処理して人気度が弾き出されるわけです。その特質を大いに利用していますね。

ネガティブな反応で埋め尽くされたとしても、議論の的として注目を浴びることには違いないわけです。

ですから「限りなく脇が甘く、果てしなく懐が深い」ということ、つまり突っ込む余地が多々ある、参加機会を増やすということは重要なのです。

読ませるだけのテキストサイトが1.0なら、明らかに参加型であるブログ的カルチャーは2.0ですよね。そして、参加機会が開かれている(もしくは、多い、大きい)ほど、2.0度合いが高い。Web 2.0とその果てにあるWeb 3.0を追求するnobunagaou氏が、そういったスタイルに帰結するのも当然かもしれません。

徳力メソッドも読者のツッコミ期待型のエントリーなのですが、nobunagaouメソッドはそれの拡張版だと言えます。一見、ただの思い付きの書き散らし。その実、当たり前すぎて誰もがスルーしてしまう部分にスポットをあてて、「気付き」の再生産を行っているように見えます。

徳力さんのエントリーが高等数学に対しての疑問であるとすれば、nobunagaou氏の場合は「1たす1は、どうして2なの?」というものだと言えます。

多くの人が乗りやすいように再下限まで敷居を下げているのですね。しかし…

そこに生まれる生理的嫌悪感、常識的人間には認め難い存在。
obacanの日記 — CNETでweb3.0とか言ってるひとたち

本当に馬鹿なんじゃないの。
メタに自分がweb1.0であるって主張してるね。
本当に馬鹿なんじゃないかな!

まともな反論(つまり「1+1=2」の証明)をするにはあまりに労力を要すために、言いたいことは山ほどあれど「あんたバカ?」と捨て台詞しか吐けない人多数。この事実をどう見るか。

本当にただのバカなら、華麗にスルーできるはず。あえて取り上げるまでもありません。

そして、周囲が「1.0な人物」と思って取り上げるほどに、検索ロボットの視点では「2.0」「3.0」としてのnobunagaou氏が強く映り始めるというパラドックス。

さらには、nobunagaou氏の「3.0」という言い方を否定するなら、そもそもの「2.0」などと言い出したオライリーも否定しなくては。どちらも明らかに「ネタ」としてのバージョン番号なのですから。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年5月 7日 21:16

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー