link2940 link2941 link2942 link2943 link2944 link2945 link2946 link2947 link2948 link2949 link2950 link2951 link2952 link2953 link2954 link2955 link2956 link2957 link2958 link2959 link2960 link2961 link2962 link2963 link2964 link2965 link2966 link2967 link2968 link2969 link2970 link2971 link2972 link2973 link2974 link2975 link2976 link2977 link2978 link2979 link2980 link2981 link2982 link2983 link2984 link2985 link2986 link2987 link2988 link2989 link2990 link2991 link2992 link2993 link2994 link2995 link2996 link2997 link2998 link2999 link3000 link3001 link3002 link3003 link3004 link3005 link3006 link3007 link3008 link3009 link3010 link3011 link3012 link3013 link3014 link3015 link3016 link3017 link3018 link3019 link3020 link3021 link3022 link3023 link3024 link3025 link3026 link3027 link3028 link3029 link3030 link3031 link3032 link3033 link3034 link3035 link3036 link3037 link3038 link3039 link3040 link3041 link3042 link3043 link3044 link3045 link3046 link3047 link3048 link3049 link3050 link3051 link3052 link3053 link3054 link3055 link3056 link3057 link3058 link3059 link3060 link3061 link3062 link3063 link3064 link3065 link3066 link3067 link3068 link3069 link3070 link3071 link3072 link3073 link3074 link3075 link3076 link3077 link3078 link3079

涼宮ハルヒとミナミの帝王

こうして私の家にはテレビが不要になった

竹内力の「ミナミの帝王」シリーズは基本的にVシネマなのですが、ときおり「劇場版」というものがあるんです。

しかし、他の映画のように大々的に告知してるように思えませんし、実際に映画館で上映してるという話もあまり耳に入って来ません。

なぜ?と思っていたら、その方面に明るい友人が教えてくれました。

劇場版といっても、ミニシアターの単館モーニングショーで一週間まわす程度のものが山ほどあるのだと。そして、その「劇場版」という箔がつくことで、レンタルに卸す際の本数や、店内での陳列まで変わってくるのだと。Vシネマなんてレンタルしか販路がないようなものだから、ときおり劇場版なるものを作ってレンタル店にアピールするようです。

さて、ここで「涼宮ハルヒの憂鬱」とYou Tubeにまつわる名エントリー『[mi]みたいもん!!: 涼宮ハルヒが起こしたYouTubeの憂鬱、ネットマーケティングの大成功例。』から引用

最近のアニメにおいてテレビ放送というのは最大の戦場ではありません。むしろ、テレビはパブの場と割り切って、DVDのセールスのために利用するという状況になっています。

『テレビはパブの場と割り切って』というのは、先の「ミナミの帝王」の件と非常に似通っています。

そうか!テレビは既に映画館と化していたのか

じつは「涼宮ハルヒの憂鬱」本放送はYou Tubeで行われていて、地上波テレビでの放送というのは箔付けでしかないわけですね。

DVD発売時に単なるOVAになってしまわないための保険とでもいう感じ?
実際そんな理由でテレビ放映されるものなんてないわけですが、位置づけが完全にそうなってますね。

私事ですが、いま人生最大級のテレビの無い時期を過ごしてます。テレビを見ないのではなくて、月単位で「家にテレビが無い」という状況は初めてです。

厳密には無いわけではなくて、故障中のものは鎮座してるのですが、。リサイクル法絡みで金とられるのが嫌で捨ててないだけ。これを修理するつもりも買い替えるつもりも全く無いです。そんな気が起こらない

既に使い古された言い回しですが、ネットがあるので(動画や音楽に限らず)エンタメにもニュースにも困らないんですよ。

映画館に行かなくても平気なように、テレビも不要になってしまったのです。
(※現状、テレビかぶれの代理店の人には別の話題を用意しておく必要アリ)

わざわざ深夜の決められた時間にテレビにかじりつかなくても、Gyaoや動画共有サービスで観ればいいという風になってきてる。どうせ半年も経てばDVD化されるので映画館に行かなくてもいいという理由とほぼ同じ。

去年の今頃は、ハードディスクレコーダーでのCMスキップがもたらす影響について真剣に論じていたような気がしますが、いつのまにかそんな小さなことは吹っ飛んでしまったのですね。

いやぁ、涼宮ハルヒはすばらしい。こうして事例を作ってしまえば、もはや躊躇することなくあの人達もネットでやれるわけで、僕みたいな機械音痴人間はHDレコーダーだのロケーションフリーだの要らずにパソコンさえあればいいんですもんね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年5月30日 01:30

» 「涼宮ハルヒの憂鬱」の分析バズ from SW's memo / 渡辺聡事務所
CNETで書いたりしてたらあちこちに飛び火してたり、いしたにさんの秀逸なまとめが結構な量ブックマークされてたりしますが。バスっております。 でも要してしま… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年5月30日 12:20

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー