link2240 link2241 link2242 link2243 link2244 link2245 link2246 link2247 link2248 link2249 link2250 link2251 link2252 link2253 link2254 link2255 link2256 link2257 link2258 link2259 link2260 link2261 link2262 link2263 link2264 link2265 link2266 link2267 link2268 link2269 link2270 link2271 link2272 link2273 link2274 link2275 link2276 link2277 link2278 link2279 link2280 link2281 link2282 link2283 link2284 link2285 link2286 link2287 link2288 link2289 link2290 link2291 link2292 link2293 link2294 link2295 link2296 link2297 link2298 link2299 link2300 link2301 link2302 link2303 link2304 link2305 link2306 link2307 link2308 link2309 link2310 link2311 link2312 link2313 link2314 link2315 link2316 link2317 link2318 link2319 link2320 link2321 link2322 link2323 link2324 link2325 link2326 link2327 link2328 link2329 link2330 link2331 link2332 link2333 link2334 link2335 link2336 link2337 link2338 link2339 link2340 link2341 link2342 link2343 link2344 link2345 link2346 link2347 link2348 link2349 link2350 link2351 link2352 link2353 link2354 link2355 link2356 link2357 link2358 link2359 link2360 link2361 link2362 link2363 link2364 link2365 link2366 link2367 link2368 link2369 link2370 link2371 link2372 link2373 link2374 link2375 link2376 link2377 link2378 link2379
トップページ > ビデオブログ・ポッドキャスト, 動画共有・ストリーミング > 個人ポッドキャスターとテレビ局は共存し得るか

個人ポッドキャスターとテレビ局は共存し得るか

先のTV2.0コンテンツに付随して、色々と前から思うところもあり、ここに書き留めておこうと思う。

半年前には考えてもいなかった事が起きようとしている。

「テレビ側の人間はまだ解らんのか」と嘲笑できた時代は既に終わったのだ。

テレビ業界が大挙してネット側に押し寄せて来ようとしている。これは個人でビデオポッドキャスティングを行う者にとって脅威ではなかろうか?本気になったプロの怖さを身にしみて知っていればこそ、そう考えずにはいられない。

強力な制作能力と膨大な過去の資産の前に、影を潜めてしまうのではないか。

もしくは組みして、完全なインディペンデントとしては消滅するか。

極私的なところで言えば「なにわともあれ」がこの半年で集められた視聴者の数は2万3千人。広告媒体としてはあまりに弱い。DVD化しては?という話も出ないわけではないが、当初からそんなことを目指すのは他のくだらない自主映画作家と同類同罪だ。

ブログのように徒党を組んで媒体としての価値を高めるか、その一翼をYou Tubeに代表されるような動画共有サービスが担うことになるのか。

フジテレビ「ワッチミー!TV」の森山社長は「映像クリエイターの登竜門になるようなサービスになれば」と語っている。これは、CGMから生まれたコンテンツをマスメディアが吸い上げるという事だろう。

テレビの力が弱まったとはいえ「テレビに出られて良かったね」という価値観が今でも存在する。そんな事のためにやっているわけではない。そこを評価基準とされては困る。官軍に従属することを良しとする革命家などいようか。

以前「ポッドキャストはラジオの代わりにはならない」にて触れたライフログのあり方、つまりはユニークである個々人のログという点に活路を見出さずにはいられない。プロの集団が導き出すものといえば最大公約数でしかない。マスメディアならなおさらだ。それに勝るのは一個人からの思いもよらぬ一刺しのはず。

ともかく「なにわともあれ」については、そう遠くない将来、存在意義を失い終焉を迎えることだろう。それまでの猶予期間中に次を模索したい。智恵と力の至らなさを痛切に感じる今日この頃だ。

【関連記事】
ウェブログからライフログへ
Googleが神に至る経緯
今日はムービーブログを書いてみるよ。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年6月18日 06:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー