link5986 link5987 link5988 link5989 link5990 link5991 link5992 link5993 link5994 link5995 link5996 link5997 link5998 link5999 link6000 link6001 link6002 link6003 link6004 link6005 link6006 link6007 link6008 link6009 link6010 link6011 link6012 link6013 link6014 link6015 link6016 link6017 link6018 link6019 link6020 link6021 link6022 link6023 link6024 link6025 link6026 link6027 link6028 link6029 link6030 link6031 link6032 link6033 link6034 link6035 link6036 link6037 link6038 link6039 link6040 link6041 link6042 link6043 link6044 link6045 link6046 link6047 link6048 link6049 link6050 link6051 link6052 link6053 link6054 link6055 link6056 link6057 link6058 link6059 link6060 link6061 link6062 link6063 link6064 link6065 link6066 link6067 link6068 link6069 link6070 link6071 link6072 link6073 link6074 link6075 link6076 link6077 link6078 link6079 link6080 link6081 link6082 link6083 link6084 link6085 link6086 link6087 link6088 link6089 link6090 link6091 link6092 link6093 link6094 link6095 link6096 link6097 link6098 link6099 link6100 link6101 link6102 link6103 link6104 link6105 link6106 link6107 link6108 link6109 link6110 link6111 link6112 link6113 link6114 link6115 link6116 link6117 link6118 link6119 link6120 link6121 link6122 link6123 link6124 link6125 link6126 link6127 link6128 link6129 link6130 link6131
トップページ > エレクトロニクス > HD放送の規格決定に至るまで

igratnadengi

HD放送の規格決定に至るまで

1080i(インターレース)オンリー派と720p(プログレッシブ)併記派の攻防

「どちらが正しいかは後の歴史家が決める事」とはよく言うけれど、この件に関しては720pを抹殺しようと働く団体が明らかにおかしい。

所謂デジタルハイビジョン(HD放送)の規格策定に際し、古川享氏が体験した信じ難いことの数々。氏曰く「血と汗と涙のお話」。
古川 享 ブログ: 放送・通信の在り方に関する、私見その9

長文なので以下に要旨をリストアップする。

私個人の主張、そしてマイクロソフトの立場は、1080iと720pどちらが良いか、どちらかひとつを採択するかではなく、仕様の中に1080iと720pを併記して頂きたいというものでした

【720pを推す理由】

  • プラズマや液晶テレビとの親和性
  • 映画やCG制作に有利なバリアブル・ピッチ撮影
  • パソコンでの編集や再生における優位性

この720pを日本の放送業界から抹殺しようとする「ありとあらゆる活動を展開した集団」がおり、その軋轢の中で多くの人が傷付き市場から去ることになったのでした

1998年当時では放送と通信そして機器メーカーの勢力図が現在とは異なるだろうが、本気でインターレースのみを推進するとは、近未来を予測できないにもほどがある(まあ実際は利権問題だけしか見えていないのだろうが)。

私個人は、1280×720ピクセルでのプログレッシブ記録に重点を置いたコンパクトなカメラが登場するまで、HDV機器などは購入するつもりが全く無い。理由は上述のリストの通り。

もっと言ってしまえば720pではなく1080pでも良いと思っているし、それ以上の水平解像度になっても構わない。ただ現状のCPUで考えると720pを扱うのが限度というだけだ。

とにかくインターレースよりもプログレッシブ記録。実際にPCでの動画編集やCG制作などを行った方は理解しやすいと思うが、インターレース記録のソースなど百害あって一利なしだ。

さて、古河氏はエントリーの最後にこう書いている。

1080iを推進する陣営は720pを抹殺するために何故ゆえにそこまで狂信的に走ったのでしょうか?それは、1080iの機器を主に生産されていた機器メーカーと某放送局の思惑が一致した結果なのですが、その詳細は明日以降に順次明らかにいたしましょう。

これは期待せずにはいられない。

【関連記事】
個人ポッドキャスターとテレビ局は共存し得るか
ブロガー(素人)とジャーナリスト(プロ)の比較するか!?
DRMとソーシャルソフトウェアとiPod動画対応という妄想
HDTVからiPodまで、あらゆる経路で各端末に配信できる時代
HD映像配信はテレビ放送よりもむしろPCでブレイクするの!?



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年6月18日 18:02

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー