link3504 link3505 link3506 link3507 link3508 link3509 link3510 link3511 link3512 link3513 link3514 link3515 link3516 link3517 link3518 link3519 link3520 link3521 link3522 link3523 link3524 link3525 link3526 link3527 link3528 link3529 link3530 link3531 link3532 link3533 link3534 link3535 link3536 link3537 link3538 link3539 link3540 link3541 link3542 link3543 link3544 link3545 link3546 link3547 link3548 link3549 link3550 link3551 link3552 link3553 link3554 link3555 link3556 link3557 link3558 link3559 link3560 link3561 link3562 link3563 link3564 link3565 link3566 link3567 link3568 link3569 link3570 link3571 link3572 link3573 link3574 link3575 link3576 link3577 link3578 link3579 link3580 link3581 link3582 link3583 link3584 link3585 link3586 link3587 link3588 link3589 link3590 link3591 link3592 link3593 link3594 link3595 link3596 link3597 link3598 link3599 link3600 link3601 link3602 link3603 link3604 link3605 link3606 link3607 link3608 link3609 link3610 link3611 link3612 link3613 link3614 link3615 link3616 link3617 link3618 link3619 link3620 link3621 link3622 link3623 link3624 link3625 link3626 link3627 link3628 link3629 link3630 link3631 link3632 link3633 link3634 link3635 link3636 link3637 link3638 link3639 link3640 link3641 link3642 link3643 link3644 link3645 link3646 link3647 link3648 link3649
トップページ > mixi・SNS考察 > 会話のバレーボール

דירות דיסקרטיות ברמת גן

会話のバレーボール

スレッドストッパーになることを恥じたり詫びたりする必要はないし、レスを「続ける」こと以外にもmixi日記を利用する意味はあるだろう。

表題のバレーボールでもバドミントンでも卓球でもテニスでも何でもいいのだが、センターネットでコートを二分する球技には「ラリー」という特徴がある。

相手とボールをやりとりする点については「キャッチボール」と共通するところだが、決定的に違うのは、それが戦いの中にあるということ。

ポイントを得るために両者が競っているのだ。そのためにスパイクやスマッシュを放つ。そしてそれを阻止せんとレシーブして返す。

両者の実力が拮抗していてこそ成立するのがラリーであり、その末にどちらがロストしたとしても、互いに讃えたくなるような雰囲気が生まれる。

さて、ここからが本題

九尾のネコ鞭
「会話はキャッチボール」の本当の意味より引用。

それは私がミクシィに抱いた感想と同じだった。友人たちの書く、何の面白みもない、つまらない、非建設的記事。何でこんなにつまらないものがブームになるのか、私は不思議だった

F's Garage typeC
ネットリテラシー:真性スレッドストッパーにならないために。より引用。

しかし僕は、人にうなづくようなコメントはあまりせず、レスとして元の話題に触発されて思いついたことを、その場で書いてしまう。
だから、空気が読めてないレスになってしまう。

僕個人は、えふしん(↑ F's Garage typeC)のレスがとても好きだ。彼からも同じように触発されたりインスピレーションを与えられたりしている。スレッドストッパーである事を卑下する必要は無いのだ。

レスがつかないのは、誰もボールを拾えなかったか、あえて拾うために動こうとしなかっただけ。キャッチボールのように相手の守備範囲に投げるのではなく、逆にディフェンスの穴を突いたのだからそれは仕方のないことだろう。

僕は中学時代にバレーボール部に所属していた。部活動で行う試合のレベルと、体育の授業のそれとでは全く違う。体育では、本気でスパイクを打っているとラリーなど絶対にあり得ないのだ。

単にボールのやりとりを楽しみたいなら、拾える球を放ってやればいい。そうすることで誰でも輪に入れる。mixiはまさにそういう「馴れ合い」の雰囲気を醸成してユーザーを増やしてきた。だからmixiでスパイクを打つのは基本的にそぐわないかもしれない。しかし、禁止されているわけでもない。

Web 2.0的な「集合知」の面も否定されてはいないからだ。

ただのキャッチボールは有閑な層に任せておくか、息抜きの時間にでもやればいい。えふしんの様に議論や創作のために活用できるタイプの人はどんどんラリーをやって欲しいと思う。

でなければ、暇つぶしと教えて君になる以外の目的でmixiにログインする意味がなくなってしまう。ブログよりもずっと密にやりとり出来る仕組みがせっかくあるのだからこれを利用しない手はない。解に至るプロセスを皆で楽しむならmixi日記は最適だ。

と、ここまで書いて、今えふしんとマイミクではないことを思い出した(笑)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年6月27日 05:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー