link4964 link4965 link4966 link4967 link4968 link4969 link4970 link4971 link4972 link4973 link4974 link4975 link4976 link4977 link4978 link4979 link4980 link4981 link4982 link4983 link4984 link4985 link4986 link4987 link4988 link4989 link4990 link4991 link4992 link4993 link4994 link4995 link4996 link4997 link4998 link4999 link5000 link5001 link5002 link5003 link5004 link5005 link5006 link5007 link5008 link5009 link5010 link5011 link5012 link5013 link5014 link5015 link5016 link5017 link5018 link5019 link5020 link5021 link5022 link5023 link5024 link5025 link5026 link5027 link5028 link5029 link5030 link5031 link5032 link5033 link5034 link5035 link5036 link5037 link5038 link5039 link5040 link5041 link5042 link5043 link5044 link5045 link5046 link5047 link5048 link5049 link5050 link5051 link5052 link5053 link5054 link5055 link5056 link5057 link5058 link5059 link5060 link5061 link5062 link5063 link5064 link5065 link5066 link5067 link5068 link5069 link5070 link5071 link5072 link5073 link5074 link5075 link5076 link5077 link5078 link5079 link5080 link5081 link5082 link5083 link5084 link5085 link5086 link5087 link5088 link5089 link5090 link5091 link5092 link5093 link5094 link5095 link5096 link5097 link5098 link5099 link5100 link5101 link5102 link5103 link5104 link5105 link5106 link5107 link5108 link5109
トップページ > 社会・国際・政経 > 実は中国空軍に勝てない航空自衛隊

実は中国空軍に勝てない航空自衛隊

中国空軍のSu-27に勝てる戦闘機が、現在の日本には無い。しかも配備数の上でも不利である。では、航空自衛隊の次期主力戦闘機は何を選定すべきか?

なぜ私が空自のFX(次期主力戦闘機の選定)などを気にしているかといえば、それは単に戦闘機が好きだからという理由に他ならないのですが、特に今回のFXはアジアのミリタリーバランスを左右しかねないので関心を持たないわけにもいきません。

作家 大石英司さんの2004年の日記、ページ中程に『中国空軍、その脅威の正体』という項目があります。

詳細については実際に読んで頂きたいのですが、要は、中国のSu-27に勝てる制空戦闘機を日本は有していない上に、保有機体数の上でも圧倒的に不利。米海軍のF/A-18E スーパーホーネットなら互角に戦えるのでは?ということです。

しかし空自には米海軍機の運用実績はないし、あまり海軍機は好きではない様子。そしてアメリカはおそらく、世界最強最新鋭のF-22戦闘機を日本に売ってくれる事になりそうな気配です。

ただし、日本というのは単に「買う」わけではないです。国内の産業発展・技術維持のために、現行のF-15Jにしてもライセンス生産という形で三菱重工が生産しています。

それにより調達価格が跳ね上がる(現地価格の2倍以上、F-15は1機あたり100〜120億円)。

さらに、いくら同盟国とて最新技術を簡単に渡してくれるものではないです。F-15ですらブラックボックスが存在するというのに、最新ステルス技術を用いたF-22などはブラックボックスだらけになるはず。

そんなわけで防技研がRCS模型など作ってみたり、政治的なタイミングの良さでそれを公開してみたりするわけです。

ちなみにF-22のアメリカの調達価格は、日本円にして約156億円。これをライセンス生産したとして、仮にF-15と同じ率で価格が上がるとしたら、1機あたり300億円を超えますね。

さて、そんなものを一体どれだけ調達できるというのか。

中国のSu-27は最終的に300機近い配備数になるようです。対するF-22のキルレシオ(1機あたりの撃墜数)がどれほどになるか分かりませんが、それなりの数を調達できないとインパクト弱いですよね。並行して運用予定の現行機F-15ではSu-27に勝てないようですし。

まあ、お金の問題は置いとくとして、

北朝鮮の問題が大きく取り上げられている間はまだ良いのです。それが解決したら一気に関心が向くのは、これこそまさに一筋縄ではいかない中国の動向だということです。

駐留米軍が移転・縮小した途端に、沖縄周辺が戦略拠点としての重要性を増すという事態が起こらないとも言えないわけですよ。核も空母も持たない、米軍もいないとなると、さて一体何が軍事的抑止力になるのか?

戦闘機の機種選びが大局にどれほどの影響を与えるものかは分かりませんが、やはり勝てる機体ではないと意味がない。スーパーホーネットで五分のドッグファイトをやるよりも、ここはやはりオーバーテクノロジー気味ですらあるF-22を採用しておくべきではないでしょうか。高くつく自国生産ではなく輸入する形で、配備数も多めにしては?



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年6月30日 08:28

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー