link4200 link4201 link4202 link4203 link4204 link4205 link4206 link4207 link4208 link4209 link4210 link4211 link4212 link4213 link4214 link4215 link4216 link4217 link4218 link4219 link4220 link4221 link4222 link4223 link4224 link4225 link4226 link4227 link4228 link4229 link4230 link4231 link4232 link4233 link4234 link4235 link4236 link4237 link4238 link4239 link4240 link4241 link4242 link4243 link4244 link4245 link4246 link4247 link4248 link4249 link4250 link4251 link4252 link4253 link4254 link4255 link4256 link4257 link4258 link4259 link4260 link4261 link4262 link4263 link4264 link4265 link4266 link4267 link4268 link4269 link4270 link4271 link4272 link4273 link4274 link4275 link4276 link4277 link4278 link4279 link4280 link4281 link4282 link4283 link4284 link4285 link4286 link4287 link4288 link4289 link4290 link4291 link4292 link4293 link4294 link4295 link4296 link4297 link4298 link4299 link4300 link4301 link4302 link4303 link4304 link4305 link4306 link4307 link4308 link4309 link4310 link4311 link4312 link4313 link4314 link4315 link4316 link4317 link4318 link4319 link4320 link4321 link4322 link4323 link4324 link4325 link4326 link4327 link4328 link4329 link4330 link4331 link4332 link4333 link4334 link4335 link4336 link4337 link4338 link4339

ワンセグ放送とiPodに感じた差

ほとんど昨日のチャット対談「[mi]みたいもん!: 涼宮ハルヒ最終回記念!長門もみくるもよかった!やっぱいいコンテンツがすべてだね!」で語り尽くしてしまったのですが、テレビ論について補足も加えつつ改めて書き留めておこうと思います。

いま使っているケータイ、まるでiPodかのような白い色です。液晶画面サイズもiPodと同じくらいです。

そしてワンセグ放送、アナログテレビ放送、しかも録画もちょっとだけ出来る。そしてFMラジオも受信できます。

iPodを家に置いて、このケータイだけ持って朝のタリーズで過ごしてみました。

イヤホンでFMラジオを聴く。それはいい。

しかしテレビを見る。これはどうも気分が悪い。iPodのようにはいかない。

朝のFMラジオは爽やかに過ごすためにあるようなものですが、朝のテレビというのは非常に駆け足ですね。せき立てるように情報をバンバンと出して来る。しかも同じ情報を何度も何度も。

iPodならハードディスクに入れてる分だけコンテンツを選べるが、民放テレビ局ともなるとチャンネル数は限られてる。どんなに面白くなくてもどれか選ばなければならない。

じゃあテレビなんて見ねーよ!という事になる。

CSが受信できるようになれば状況も変わるだろうが、どう考えてもケータイでそれを実現できるのはずっと将来のこと。

首都圏や関西などはまだしも、辺境の地方だとさらにチャンネル選択肢は少ない。最悪の場合、NHK総合と教育に加えて民放が1〜2局のみだったり。

生中継を見る事が出来るというテレビ放送の利点は大きい。しかし録画番組や録画フッテージなどをわざわざ特定時間帯に各局揃って放送するなんてのは、自らの首を絞めているようなものだ。

オンデマンド時代に、的を射ていない事をやっているように見えてしまう。同じ録画済みコンテンツを見るなら、映画のDVDのほうがよほど質は高い。

ほぼ全世帯でCS放送受信、CATV導入が行われていれば、本当の意味での多チャンネル化が成されて、地上波各局も少しは変化への対応に馴れていただろう。

今となってはIT業界に悪態をつくくらいしか出来ないという、それほどまでに硬直化してしまった世界だ。どの民放見ても中田の引退報道ばっかりってのはどういうことだ。

そんな状況だからこそ、どんな大惨事が起きようとも緊急報道番組をしないテレビ東京は素晴らしい。

あ、なんだか書いてるうちに面倒になってきたのでやめる。ミナミの帝王のDVD、返却日までに見なきゃならんし。そういうわけで、以下のを読んでおくこと。
[mi]みたいもん!: 涼宮ハルヒ最終回記念!長門もみくるもよかった!やっぱいいコンテンツがすべてだね!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2006年7月 6日 00:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー